トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

鹿児島キャンプ

1/31~2/12は指宿強化キャンプ。文字通り強くなってくれると良いのですが。場所は指宿いわさきホテル。空でも飛びそうなデザインの建物と、2面の公式サッカーコートの他、数々のスポーツ施設を持つとんでもないホテルで多くのチームがキャンプを行ってます。
練習試合は 2/4熊本、2/5愛媛、2/10柏、2/11京都 が予定されているようです。・・・なかなか微妙な対戦相手ですが全勝したいですねぇ。ちなみに一部で神と呼ばれた嘉悦(熊本)は引退とのことです。
指宿は鹿児島中央からバスで約1時間35分(6本/日)だそうです。行ける方、がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

紅白戦

フェルフォーセン指揮下では初の紅白戦が実施されました。中スポによればフォーメーションは4-4-2固定、メンバーは秋田、大森が決めたとの事。今はまだ選手の適正を見ている段階のようですね。メンバーを固定しての本格的な戦術練習はキャンプからでしょうか?スピラールの評価が高いのは嬉しい限りです。攻撃では杉本が2得点の活躍。DFの裏へ飛び出してのゴールのようです。ちなみに相手のDFは秋田古賀。・・・ああ、ちょっと不安がw

監督のコメントを見る限りまだまだこれからという感じ。キャンプでは練習試合も多く組まれているので「今年は違うよ。ホントに違うんだよぉ」っつーところを見せて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

日程発表、しかし・・・

毎年恒例の名古屋のフライング日程発表はまだかいな、と思っていたら先手をうって公式に発表
・・・ヴェルディや柏や神戸がいないと違和感あるなあ。アウェーの中でも楽しみにしていたところだし。しかし今シーズンは近年にない巡り合わせの悪さ・・・。以下気づいた点を愚痴交じりで
・3~5月は割といい感じ。アウェー福岡、新潟もなんとか日帰りできそう(日帰りかよw)
・7月~8月が最悪。水曜日はいけないし楽しみにしていたフクアリが日曜日19時。その日のうちに帰れんよなぁ・・・
・等々力、カシマが水曜日かよ。夏休み次第だけど多分無理。
・9月以降はなんとかなりそう。広島、大分が昼の試合なら・・・。
・なんといっても小瀬。10/21(土)という「さあ石和温泉に泊まって次の日は昇仙峡でもどこでもドライブしやがれ。ほうとうワインも忘れるなよ」という行楽にぴったりの時期。キックオフは絶対14時にして下さい。
・あと楽しみなのが6月のJ2。何試合か観に行く予定。
なかなか厳しいけどがんばって1試合でも多く見に行くことにしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/25

何かこう少しずつ変わっていく予感

いよいよフェルフォーセングランパスが始動。最初からボールを使ったオランダ流の練習だそうです。この時期に走り込みをやらなくてもいいのかどうか分かりませんが、選手の受けはいいようです。ポゼッションを意識した練習が多いということで、組織で崩すという意図をはっきりさせる練習のようですね。去年、特に後半は「ポゼッション?なんやそれ?」という状態だったので、選手の皆様にはがんばってもらって「見ていて面白いサッカー」を目指して欲しいものです。

筆者のポジティブ度、また少しアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

おお、玉田が表紙だ

サッカーダイジェストの表紙に玉田!名古屋の選手がサッカー雑誌に載るのって楢﨑1億円事件(事件かよ)以来じゃなかろうか。朝のコンビニで速攻でサカダイを買ってしまったよ。
記事に関しては一言で言うと「藤田グッジョブ」(AA略)という感じか。よくぞ玉田を誘ってくれた。もっとも藤田にとってもまともなFWが一人位いないとやってられんわな。
個人的には玉田、鴨川、杉本の3トップが見てみたいけどどうだろうか?とりあえずケガの完治が先ですな。
あ、なんかだんだんポジティブになってきたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

いやあのチーム得点王じゃなくて

玉田の記者会見の様子
会見の中でフェルフォーセンのビジョンの惹かれた、とあるけど玉田の前でまた3時間ほどしゃべったのだろーか。それにしても謙虚なのはいいがチーム得点王って目標低すぎw。期待してるから15点ぐらい頼むよ、ホント。

スピラールの記者会見の様子
強面というかなんというか、アーミーナイフが似合いそうな風貌ですな。試合出場数が少なくケガの心配もあるけどベストコンディションなら間違いなく活躍してくれるでしょう。
それはいいんだけどニックネームがシュピロかあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

21番を継ぐもの

大分からGK高嵜を獲得。大分の高嵜……高嵜……

鳥栖で神と呼ばれたリッキーのことか

名古屋では3番手GKになってしまうが経験のあるベテランGKを獲得できたのはチームとしても大きい。ほとんど出番がないだろうによく来てくれた。万一の時はよろしくお願いします。
あとは外国人FWだけ・・・え?補強完了

「地下に外国人FWが隠してあるとぐらい言ってください!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

よーしゃべるおっさん

名古屋期待の星、フェルホーセンが来日。でもっていきなり5時間のミーティング。・・・確か最初の記者会見が1時間、サッカー雑誌のインタビューが3時間。この人のしゃべりは1時間単位かよ
いや~それにしても今から試合後の記者会見が楽しみである。名古屋vs千葉のあとは盛り上がるんじゃないだろうか。質のオシムvs量のフェルホーセンとかね。

オシム「肉離れ?ライオンに襲われた野うさぎが逃げ出す時に肉離れしますか?準備が足りないのです」

フェルホーセン「肉離れ?ではまず肉離れがなぜ起きるかについて語らなければなりません・・・

(この間1時間)

・・・というワケで肉離れが起きるのです。すなわち準備が足りなかったのです」


もし「フェルホーセンの言葉」という本が出版されたら百科事典より分厚くなるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

玉田キターーーーーーー

公式発表。ニセのHPかと思って何度も見直してしまったよ。この記事が出てから1週間。色々なウワサに釣られ踊らされ、「玉田、急転大宮入り」という記事がいつ出てくるか心配で、夜中の3時に起きて2chの「ら」スレを覗いて、仕事中も携帯片手にサイトめぐり。ああ、パケット代が怖いわ、という状況だったがこれで安心してぐっすり眠れます。
心配なのはチーム始動に間に合わないこと、現代表監督が名古屋を知らないので玉田のことを忘れてしまうかも知れないこと(藤田のことはもう忘れているようだし)、「瑞穂のスタンドの通路は狭い、ウザい」とか言いそうなことぐらいでしょうか。
ともあれ今まで名古屋にはいなかった現役代表の若いFWですし活躍に期待したいですね。あとは間抜けなフロントが移籍金0で手放すような愚行を繰り返さないことを祈るばかりです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/01/18

去るものは追わず

安英学移籍が確定っぽいですな。2年契約だと思っていたけど1年契約だったのかな。そうなると移籍金(違約金?)は0円。主力選手が移籍するのに移籍金0円というのははっきり言って間抜けです。
安英学にはただの腰掛にされてしまって気分は良くないけど、しょせんウチは地方の弱小クラブだから腰掛にされてもしょうがないわな。残るだけの魅力がクラブになかったんだから文句をいってもしょうがない。出て行きたい選手の事なんかどうでもいいよ。穴は須藤や青山に埋めてもらう事にするか。
なんか玉田もダメっぽいし、他のFWの獲得のウワサもないし、金正友についてもW杯が終わるまではアテにできないし、即戦力の新人が入ったとは言え、補強と呼べるのは実質スピラルだけじゃないのか?
多分シーズンチケットが全然売れず営業さんがガクガクブルブルしていると思うけど営業さんのせいじゃないから気にしないでね。悪いのはあの人たちだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

新人さんいらっしゃい

新人5人の入団発表が行われました。よく見るとみんな守備的な選手ばかりなのね。去年が攻撃的な選手が多かったからバランスがいいといえばいいのかな。注目は久しぶりの補強となった左サイドバックかな。いきなり出場機会が待ってますよ、片山君、阿部君。ユース代表の中心選手、青山君にも期待したいし、和田君、竹内君にもチャンスはありますよ。場合によっては全員先発できるかもしれませんよ(いや、それはちょっと待てw)。みんなガンバレ。藤田と秋田と同じチームで練習できるなんて君たちだけなんだから。
ところでふと見ると5人とも新人用の背番号ばかり。さすがに21番は重すぎて新人にはつけられないよなあ。このままこっそり永久欠番にしてしまえ、と妄想してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

「これは駆け引きなのだよ」

前日移籍濃厚とか言っておきながら一夜明けたらコレ。まあ子供のお使いじゃないんで「3億円です」と言われてポンと出すわけにはいくまい。しかし「あくまでもレンタル」じゃホントに欲しいのかどうか相手に疑問を持たれてしまうわなあ。もし大宮with NTTが3億円だす~!って言ったらあっさり負けそうな予感。
まあ玉田の獲得に関わらずFWを獲得する方針、というところだけは評価してもいい。しかしいつの間にかお金がなくなっちゃたのね、ウチって。

安英学については「祖国でやりたい」と言うのなら「1年間ありがとう。さあ、お行きなさい」としか言いようがないな。守備的DFとして金正友がいるけど6月までは当てにならない。そうすると思い切って須藤かスピラ~ルを1列前に出すか、と思わせて山田?おお。「田」がつくではないかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

せっかくだから釣られてみるか

玉田名古屋移籍濃厚(日刊スポニチ)。「濃厚」っつーのはまだ正式にはなにも決まってませんぜ、という意味なのだが。まあ記事をそのまま信用すれば元々安貞桓(または別の外国人FW?)の獲得に失敗し玉田に正式にオファーしたと思われる。ということは「玉田=外国人FW」になるのか?それはちょっと違うんでないかい?
今の名古屋に必要なのは15点は計算できるFWなんだけどね。玉田にそこまで期待できないでしょ。獲得自体は賛成だけどFWの補強はこれで終わりにしてほしくないな。もう一人強力なFWを獲得してオランダ人の監督らしく3トップでいってほしいところだ(3トップがオランダっぽいのか?という突っ込みは禁止だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

補強は微速前進

前からウワサのあったスピラールの獲得が正式発表。スロバキア代表のDFとのことですが良く知りません。プロフィールを見る限り出場試合数が少なく得点も0というのがちょっと気にはなりますが、代表選手である以上そのポテンシャルは高いと思います。身長191センチということなので増川と並んだ最終ラインはツインタワー萌えな人にはたまらないでしょう(そういう人が世の中にいるかどうか知りませんがw)
それにしても代表クラスのDFの獲得が正式発表されただけで涙が出るほどうれしいのはなぜでしょう?いや~良かった、良かった。名古屋が真面目に補強する気があってホントに良かった。
もう一人の外国人選手金正友の記者会見の模様はこちら。韓国代表の合宿参加のため名古屋の練習に参加できず戦術練習を重んじるフェルホーセン監督の下では試合出場が危ぶまれるが、クライトンの代わりである以上それ相応の活躍を期待したいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/09

さらば中谷、ネタ系サイドバック

国立行く予定だったが風邪と疲労でダウン。野洲のサッカーを生で見たかった。2点目なんて名古屋の選手じゃできねーだろ、なんて失礼なことは言いませんけど名古屋の試合よりはるかに面白かったのは確かですな。
さて決勝戦終了後に見つけたニュース。感想は「ああ、そう」の一言しかないんだけど代わりのあてはあるんですかね?大分の有村が来るらしいけどシャムスカ体制下で出場できなかった選手ですよ。中谷とどう違うんだろ。今年の左サイドバックは新人と心中ですか?どうするフェルホーセン?
井川もいなくなったし両サイドのネタ選手がいなくなってちょっと寂しいな。

いい選手なんで愛してやってください>柏サポ様

<中谷勇介取り扱い説明書簡易版>
1.左サイドバック以外でのご使用はできません
2.脚はガラス製です。取り扱いには十分注意してください
3.シーズンの3分の1はリハビリ期間です
4.対面の選手が突破力のある選手の場合、起用は控えてください
5.相手選手と1対1になった場合、通常は突破されクロスを上げられます
6.ボールを持っても何もしませんので注意してください
7.ごくまれにドリブル突破から正確なクロスを放り込みます
8.「マルケスセンサー」(*)が搭載されていますが使用できません
9.携帯電話の置き場所に注意してください。トンビに盗られる可能性があります

(*)マルケスがどこにいても瞬時に検知し状況に関係なく必ずマルケスにパスをする機能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/04

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
弊サイトも旧サイト時代を含めると今年で10年目を迎えます。え~ホントかよw。先日も観戦仲間と飲んでいたのですが「昔はニッパッパのモデムでダイヤルアップでDOSでこつこつコマンド叩いて……」という話をしたら皆さんポカ~ンとされていました。月日が経つのは早いものです。
つーワケでサイトのモデルチェンジの一環として「DIARY」に関してはこの通りBLOG化して続けていきます。パワーアップするかパワーダウンするか分かりませんがこれからもお付き合いください。
正月休みの間にも我がグランパスはネタを提供してくれているようですがコレコレについてはまたいずれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »