« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/29

怒る気力はもうない

2-1名古屋
プロサッカーの試合を見たと思うから腹が立つのであって「お笑い球蹴りショー」を観たと思えば腹も立たない。実際失点シーンなんか腹抱えて笑わせてもらいましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/26

セフ怒る!

甲府1-1名古屋
たまたま休日だったとは言え平日に山梨県まで行ってしまった自分に驚いたw。小瀬は甲府南ICから近い上、無料の広い駐車場があり車利用だとかなり便利。ゴール裏は低くて傾斜もゆるいためやや見難い。アウェー側売店は寂しく、さらに照明塔が暗いので寂しさ倍増。地元のワインも販売していたようだけど車利用の人が多いので売れ行きは・・・?驚いたのはスポンサーの看板の数。スタンド、ピッチに並ぶ無数の看板w。これもチームが地域とともにがんばっている証拠なんだよなあ。

・・・さて、試合のことも書いておこうか。
前半は普通のデキ。ホームでの甲府戦同様ボールがよく回ってサイドからの攻撃ができていた。先制点はセットプレイからこぼれ球を大森がクロスを上げ山口が押し込んだもの。前半の山口は中盤で効いていた。ほとんど名古屋ペースでなんと10本近くのシュートを放つ。終了間際にはPKを中村が外し「アチャー」となったがこのペースなら大丈夫だろうと思われた・・・。
後半、玉田→藤田となったがこれが裏目。開始早々ぬるい守備をつかれ失点したがこれはお約束なんでまあいい。藤田投入でプレイエリアが山口とかぶり山口が消える。2トップ→1トップとしたためトップでボールがキープできず、杉本を走らせるのみ。その杉本は3度の1対1のチャンスにシュートは全てGK正面。金→須藤、中村→増川への交代で完全に停滞。増川はなぜかトップ下でボールをさばくんだが、それ藤田の仕事だろ?これで藤田が消える。もうこれ采配ミスとしか思えない。終了間際にはPA内で杉本が相手に倒された・・・ように見えたがPKなし。ふとピッチを見るとなぜかドリンクのボトルが転がっている。ライン際では興奮しているセフ・・・結局コレで退席処分。気持ちは分かるけどさ。
相手の甲府は1.5軍。勝てるチャンスはあったのに引き分け止まり。微妙な判定や中村のPK失敗があったとはいえ敗因は選手交代のミスだと思うけどなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

出口のないトンネル

名古屋0-2川崎

玉田1トップが悪いとは言わない。2列目のサポート、玉田を囮にDFの裏へ抜け出す動き、積極的なポジションチェンジ、またはDFをひきつけ玉田が動きやすいスペースを作るなどの工夫をすれば玉田1トップでも機能するはずだ。・・・今の名古屋では無理ですか?私たち、何か難しいことを選手に要求してますか?
勝ち負け以前にホームでシュート4本って恥ずかしいと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

全治1ヶ月なんて飾りですよ(意味不明

秋田、川崎戦出場に意欲

秋サン。あなたの回復力をスピラールに分けてあげてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

玉田がやらねば誰がやる

玉田、練習試合でゴール

「移籍後、対外試合で初めて流れの中からのゴール」って一応日本代表のFWなんだけどなぁ。玉田だけが悪いわけじゃないけどさ。内容的には鴨川との2トップが機能したようだし、本田も好調のようなので川崎戦は期待はしたいけどね。とにかく2点以上とってくれれば文句言いません。何失点しても見なかったことにしますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

釣りか?

ピクシーが日本代表監督に意欲

・・・それより現役復帰して名古屋のFW(ry

さすがに2期連続で経験のない人が代表監督はありえないでしょ。名誉職じゃないんだから。素人監督はもう懲りているはずだから少なくとも次はない。ちゃんと経験を積んで日本代表を任せられる時期になればもちろん大歓迎です。

それより今は他にやるべきことがあるはず。決定力のあるFWを名古屋に紹介するとか、決定力のあるFWを名古屋に紹介するとか、決定力のあるFWを名古屋に紹介するとか、決定力のあるFWを名古屋に紹介するとか、決定力のあるFWを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

2得点>>(超えられない壁)>>1得点

新潟2-1名古屋

サッカーは表面的な数字だけでは分からない。とはいえこういう数字を見せられると完敗にしか見えない。本田のゴールという明るい話題はあるものの玉田、藤田が先発でほぼベストメンバーという状況でこういう結果を見せ付けられるとマジ凹むわ。

スコアボードに0か1しかないというデジタルっぷりには笑うしかないな。

・・・とかなんとか言いながら小瀬へのルートを調べている今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

また古橋か

C大阪1-1名古屋
本日をもって古橋選手を正式に天敵と認定。
カップ戦ということで古賀、大森は温存?GKは楢﨑が初登場。FW藤田という最後の手段で勝ち点3をねらった・・・が結局引き分け。このグループは飛びぬけて強いチームがなく潰しあいの状況なのでまだ予選突破のチャンスはある、とはいえ厳しい状況ではある。
増川、深津というコンビに加え初先発の角田という事を考えれば失点はしょうがないという面もある。むしろ本田、中村、藤田がいて1点しか取れない攻撃が問題。これを見る限り相変わらず攻撃の形ができていないんじゃないかと思われる。藤田、平林のシュートも0だしね。スコアボードに「2」という数字が表示されるようになるまでもう少し待たんのいかんのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

黄砂に吹かれて

名古屋1-1京都
仕事のためビデオ観戦。結果を知っていたのでグダグダな試合だろうな~と思ってテレビを見ていたけど思ったより悪くはなかった。でも現場にいたら多分ブーイングしてたかも。11人の中にFWがいれば勝てた試合だったと思う。なぜか突然穴が空く最終ライン、枠に飛ばないシュート、リードすると途端に消極的になり追いつかれるとドタバタするという名古屋クオリティなどは相変わらずだったが、迷路の出口は近いような気がする。
3バックの謎については生観戦した友人たちに聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

名岐ダービー

練習試合:名古屋1-3FC岐阜
■練習試合、Bチームとはいえ地域リーグにあっさり負けた名古屋に対して岐阜FW片桐
「お客さんもあんなの見たくないと思う。あんなサッカー、やっていて楽しくない」
と言ったかどうかは知りませんw。
まあ今の岐阜のAチームだったらこれぐらい当然かも知れませんけどね。今度はトップチームとのガチンコ対決が見たいですな。

しかしなあ、みんな何やってんだか。練習試合の結果で一喜一憂するつもりはないけど相手は地域リーグですよ?普通にやって勝たなきゃいけない試合でしょ。トップチームはどっかの代表チームと違ってメンバー固定されていないんだからチャンスはいくらでも転がっているんですよ。こういう時にアピールしないといつまでたってもサテ暮らしですよ?頼むよ、ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/03

あ、秋サン・・・

秋田、右足小指骨折
・・・1時間後にリハビリを開始してなにくわぬ顔で京都戦ベンチ入りしているに100ペリカ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

貴重な貴重な勝ち点1

浦和0-0名古屋
前半の浦和の猛攻で先制点を取られたらそのまま大量失点というパターンだったと思うがよくしのぎきった。リーグ戦では2節以降PK以外での得点が0という絶望的な状況ではあるが藤田復活で光は見えた・・・と信じたい。名古屋は本田、浦和は小野がともに決定機を外してしまうがこれもサッカーか。
攻撃重視なら須藤、守備重視なら吉村、と思っていたけど両者併用しての4-5-1とは思わなかった。先発メンバーを見た瞬間に「アウェーで強豪相手だから守ってカウンター、ワンチャンスにかけよう」というゲームプランが瞬間的に分かってしまうフォーメーション。フェルフォーセンのリアリストっぷりに感心してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/01

復活のトシヤ

やっっっっっっと藤田復帰の記事が。うわ~長かったねぇ。藤田が入ったからっていきなりゴール量産というわけはないだろうけど、前線に起点ができるし、玉田とのコンビネーションで崩すこともできるだろうし(そういえばこの二人、実戦ではまだコンビ組んでないな)若手選手のメンタル面でのサポートもできるだろうし、Jリーグ最弱の攻撃力も多少改善されるだろう。とりあえず復帰は京都戦かな。
今月は全土曜日が出勤になってるけど泣いてたまるか、コン畜生。
で、スピラ(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »