« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/28

ファン感謝デー

残念ながら筆者は参加していません。予算の都合でトヨスポ開催・・・なんて話を聞くと寂しくなりますが参加した方は楽しめたそうなので、これはこれでありなんでしょう。はるか遠くのほうのステージでトークしたり歌ったりしているのを見ているだけより、こーゆー選手とのふれあいがあった方が楽しいでしょうね。聖地トヨスポだし。
ファン感の様子はこんな感じ。相変わらずネタ満載のカラオケ大会だったようだw。来年あたりヤンキー姿の秋サンとゴスロリの古賀とでデュエットというのはどうだ。
それなんて下妻物(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

ディープストライカー

セフの言い訳・・・じゃなくて反省
「スターティングポジションから離れることを恐れていたように思う」
これと逆なのが数年前の磐田。全選手がリスクを怖れず自在にポジションをチェンジしていた。しかもある選手が出場できなくなっても代わりに入った選手が同じようにプレイしていた。理想ではあるが今の名古屋では・・・ねえ。
「理想のFW像は4つのポイントがある。タイミング良くスペースへ抜ける選手。ボールを簡単に失わずキープできる選手。ヘディングが強い。そして自分でもゴールを決める選手。そういった選手を探すのは難しい。だが、探す必要がある」
・・・多分世界中のクラブがこーゆー選手を欲しがっていると思うぞ。今の名古屋のフロントにでは・・・ねえ。
ちなみにディープストライカーについて検索してみた。
・・・こりゃ強そうだわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

「やってみてから言うんだよ!」

補強の話題がちらっと出ていました
「日本人選手の獲得は、シーズン途中は現実的に難しい」と言う。各クラブともシーズン中に必要不可欠な戦力は当然、手放さない。そこからあぶれてくる選手では、巻き返しの戦力とあまりなりえないからだ。

角田

外国人だろうが日本人だろうが関係ない。J1残留のため必要な戦力は本気で探せ。話はそれからだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/21

本田、思い出の地で1ゴール

磐田2-1名古屋
アウェーもアウェー、はるか鹿児島鴨池での磐田戦。2年前も同じカードであの時は「高校生の」本田が出場してプロ相手にひけを取らなかった・・・と聞いている。今日も1ゴール。内容が全っっっく分からないのでなんとも言えないが本田が調子を上げてきた、と思っていいのかな?そう思わせてくれ。本田だけが名古屋の希望なんだから。

さてこれで14試合勝ち無し。次の公式戦が7月なので4ヶ月も勝利の美酒を味わえないワケなんだ、これが。選手の皆さんも4ヶ月も「勝利給」がもらえないワケだ。1年の3分の1をタダ働きしちゃったワケだ。浦和の選手はガッポリ勝利給もらってるだろうけど名古屋の選手は。4ヶ月間。ず~っと。大変だね。彼女や奥様にプレゼントもできないね。でもしょうがないよね。自業自得だよね。プロなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

カメさん、鹿児島日帰りは可能だと思うかね

磐田さんにとっては予選突破のために2点差以上で勝つ必要がある大事な試合。名古屋にとっては鹿児島往復でマイルをためるだけの試合。一部の選手にとってはオランダ行きがかかっている大事な試合・・・のようだからそれなりにガンバってくれ。
鹿児島は一応日帰りが可能とはいえこの試合観に行くサポーターさんはまさに神レベル。お気をつけていってらっしゃいませ。筆者はもちろん行けません。つーか今日が試合だとマジで勘違いしてましたが何か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

楢﨑、玉田おめ

W杯本大会日本代表23人よりオランダ合宿に参加するメンバーの方が気になってしまう今日この頃。久保が、巻が、松井が、阿部が、という話は他の方にお任せします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

もはや何も語るまい

角田京都へ移籍
あまりのショックで寝込むところでしたわ。川島と並んで期待していた選手だったんですがね。玉田以外の若手FWより得点力あるんじゃないかと本気で思ってたぐらいですからw。
移籍の真実は関係者しか分からないことなので色々と邪推するのはやめておきますが、残留争いのライバルに主力級選手を送るとは名古屋さんは太っ腹すぎて素敵です。
・・・泣いてたまるか、ン畜生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

スピラールという選手を獲得したというのは本当だったらしい

名古屋1-1C大阪
本日仕事のため瑞穂参戦できず、携帯で速報サイトをチェックしておりました。

・キックオフ前
「お~スピラール実写版ついに登場か。スピラール、秋田、増川の3バックである意味凶悪だよな」
・前半32分
「山口ゴールか。まあでもどうせすぐ追いつかれるだろw」
・前半終了
「1-0ままか。ま、後半開始早々西澤のゴールかな」
・後半15分
「まだ1-0か。そろそろ古橋、西澤のゴールで逆転かな」
・後半30分
「ま、まだ勝っている。スピラールががんばっているのか?もしかして西澤も古橋も出ていないのか?」
・後半35分
「まだ1-0?あ~そろそろ古橋のゴールが決まるはずだ」
・後半40分
「名古屋リード?何やってるんだ、古橋は!」
・試合終了
「ふ~。なんとか逃げk
orz 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/10

さようならナビスコカップ

名古屋1-2大宮

残り3試合全勝すれば予選突破の可能性があったのになぜか主力温存。

結果は10人の大宮に2得点を許し逆転負け。

・・・もはや語る舌など持たん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/06

セフの時計は10分遅れている

磐田2-2名古屋
横浜戦もそうだったが全体的に選手交代が遅すぎではないか?後半は60分あるというセフの脳内設定なのか?古賀FWというカンフル剤で一時期のどうしようもない状態からは良くなったとは思うが・・・。1-2から追いついた点は評価できるけれども、流れをぶった切る中村、足が止まった玉田、磐田の攻撃の起点となった増川、交代すべき選手がいたにも関わらず交代なしという采配は理解できない。
もっともFW古賀の時点で采配云々を語ってもしょうがない気もするがw。
本田のFKは芸術。パスセンスは相変わらず見事、守備が安定すれば言うコトなし。オランダキャンプでは本田中心のチーム作りをしてもらいたいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/05

久しぶりのエコパ

エコパでの名古屋戦は2002年の開幕戦以来か。花粉症に縁がなかった筆者ですら花粉にやられたというとんでもない立地条件のスタジアム。おまけに試合は完敗といい思い出のないスタジアムではある。うなぎ弁当はウマかったが。
さて今回はGW最後の試合というコトでイベントも半端ではない。中には相手チームの名産品を食べよう~というコーナーもあるようだが、なにこのデパートの名店街なみの品揃えはw。なんか試合前から宴会になりそうだな、こりゃ。とりあえず筆者としてはコロッケ完全制覇が第一目標である。

<私信>席取っておきますので心置きなく楽しんできてください、皆さま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もどこかでスピラール

誰も知らない 知られちゃいけない
スピラールが 誰なのか
何も言えない 話しちゃいけない
スピラールが 誰なのか

練習に 出られない
リハビリが 終わらない
この太もものケガを 治したいだけ

今日もどこかで スピラール
今日もどこかで スピラール

・・・そろそろ正体がバレそうです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/03

新FW、誕生

名古屋1-1横浜
先発メンバー発表で「大森、秋田、古賀、増川」と聞いて「ああ、3.5バックだね、こりゃ。ははは」と笑っていたワケだ、試合前は。で、いざ始まってみると右が大森、真中が秋田、左が増川・・・あれ?古賀は?ああ、玉田の横に・・・FWかよ。
「ポストプレイを得意とする長身FWをさっさと獲得しろ!」という監督の心の叫びが聞こえてくるようだ。フロントに届いたかどうかは知らんが。
こうなれば戦術は単純明快。中盤でボール奪ってサイドに展開、サイドから古賀にあてて玉田、山口が走って拾う。あとは90分間これの繰り返し。横浜DFも「古賀のマークどーするべ?」といった状態だったに違いない。本来通用するはずの無いフォーメーションだったが横浜が予想以上に低調。攻撃パターンが単調で久保、マグロン、偽グラウ=清水をしっかり抑えていれば問題なしというレベル。奇策が破綻無く進み0-0で45分を終える。
さて後半、ついに久保を引っ込めた横浜に対し名古屋は動かず。両チームとも足が止まり始めがどちらかといえば名古屋ペース。得点も時間の問題かと思われた80分、お約束通りの形で失点。得点パターンはないくせに失点パターンは確立されている。
ここでついに、というかやっと鴨川登場。直後に古賀の同点ゴールが生まれる。追加点が生まれそうな雰囲気ではあったが結局引き分け。低調横浜相手に奇策を用いて流れを掴み久々に勝てると思った試合だけに落としたのが残念である。
例えば後半早い時間に中村→藤田という選択肢はなかったか?またはもう少し早い時間帯で鴨川さらに杉本投入という手もあったのでは?いずれにしても後半15分ぐらいには動いて欲しかった。

・・・なんか奇策のデパートになってきたが、次あたり玉田ボランチとかFW楢﨑とかになっても驚かんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

やまない雨はない

いつやむかが問題だけどな。でもってやっと動いたらしい。
クラブ首脳と緊急会談
つーとあれか、こんな感じか

F島「な~藻前ら。このままセフでおk?」
A田「監督のやりたいことは分かってる。角度とか」
F田「まだ時間がかかりますが、何か?」
Y村「14位ぐらいでさわぐ香具師は逝ってよし」
N﨑「戦術が浸透すれば勝てる。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」(AA略)
F島「ちょwwwwwwおまwwwwww」
F田「むしろ外国人枠があまっていることについて小一時間問い詰めたい」
F島「正直スマンかった」
K賀「修正すべきところが見つかった。修正したい」
Y村「↑誤爆?」
A田「このままでは勝てないお」
F田「補強キボンヌ」
F島「補強はするけどお前の態度が気に入らない」(AA略)
N﨑「流れぶった切って悪いけどオランダキャンプってマジ?」
Y村「kwsk」
F島「つソース
F田「 名 古 屋 必 死 だ な (藁」
F島「そもそも藻前ら練習時間が短すぎうわ何をする!やめくぁwせdrftgyふじこlp;」
N﨑「とにかく今は我慢汁」
A田「1000なら名古屋優勝!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当然といえば当然か

楢﨑、玉田代表選出
序列通り代表選出。もうめんどくさいからいちいち発表しなくていいよw。J最弱の攻撃力を誇るチームのFWが選ばれるんだから代表って面白いですね。まあ、これで玉田のモチベーションが上がればそれでよし。
3日の横浜戦は一応代表FW対決だから楽しみですね(棒読み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

ああ5月か

不振の真相に迫る
・・・って迫ってないじゃん。うわーどこから突っ込んでいいやら。準備期間云々言うんだったら「最初の数試合が悪くて少しずつ形ができてきた」というのなら分かるけど、全然良くならない、むしろ悪くなっているわけですよ?もう3ヶ月経ってるんですよ。それとも3ヶ月ではセフのサッカーは理解できないの?
「監督のやりたいサッカーは分かってる」ってそんなんあたり前でしょ、プロなんだから。分かってどう実践するのか問題じゃないの?分かっていてどうして実戦できないのかが問題でしょ?セフ理論の浸透に時間がかかる、なぜ?どうして時間がかかる?そもそも「セフ理論」って何?ワイドに開くこと?それだけ?知りたいことが何一つ書いて無いじゃんw

書けない事も色々あるだろうけど、もうちょっと本気で「真相」に迫ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »