« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

ヨンセンは神

千葉2-3名古屋
前半ロスタイムにヨンセンの先制ゴール。後半開始したら7分、8分であっさり逆転。と思ったら29分、32分の3分間で再び逆転。しかもヨンセン2点目。何この神展開。でもまあお約束の失点で逆転された時も、ダメだとは思わなかったな。得点の匂いもしていたし、なんとなく追いつけそうな気がしていた。・・・得点の匂いがする名古屋って何年ぶりだよ。
劇的なデビューでさっそく次節からヨンセンのマークが厳しくなるだろうけどそんときゃ3トップでいけばいい。なんなら最初から3トップでもいい。しばらくは妄想が加速しそうだ。

前半開始早々ヨンセンのオーバーヘッドのシュートがあったがそれ以降は千葉ペース。運動量、組織的な動きといった点ではやはり千葉が上。ただ大宮戦同様、藤田監督の指示と古賀復帰で安定感の増したDFライン等が効を奏し、大きなピンチはなかった。攻撃では合流2日とあってやはりヨンセンにどうやってボールを集めるかがはっきりせず、シュートまで持っていけない。そんな中でロスタイム、左サイド本田→杉本へとボールがわたり中央へクロス、そこへどこからか飛んできた(ゴール裏からはそう見えた)ヨンセンがゴール。いやぁ、あんな豪快なゴール名古屋で最近見たことねぇ。
さて後半、1-0ぐらいでは全く安心できないのが今の名古屋なんだが早速不安的中。水野のクロスに巻が合わせて同点ゴール。まあ、これは相手を誉めておこう。まだ同点だ・・・と思っていたら直後に逆転ゴールを許す。これは完全にマークのズレ。これでいつものように完全に戦意喪失、さらに失点を重ね・・・と思いきや、ここから反撃を開始。キレまくりの本田、金正友に藤田、ヨンセンがからみチャンスをつかむ。そしてセフが動く。藤田→玉田。並みの監督じゃ有り得ない攻撃的な選手交代。中盤をフラットにした3-4-3で勝負をかけると選手もこれに応える。まずは玉田。こぼれ球を拾うと左サイドから一気に中央へ、ここしかないというグランダーのボールを金正友が2試合連続ゴールで同点。さらに3分後CKからファーの古賀が落としたところをヨンセン!デビュー戦で先制ゴールと逆転ゴールという神展開。リードしたところで杉本→須藤とし3-5-2に戻し山口を下がり目の位置に。そのまま逃げ切り2連勝。なんか1年3ヶ月ぶりの連勝ですって、奥さん。いやもう帰りの電車の中笑いが止まらねぇ。

続きを読む "ヨンセンは神"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006/07/29

ヨンセン登場・・・か?

8月12日の甲府戦と言われていたが「そんな余裕はねぇ」と言う事で千葉戦で、しかも先発で出場の予定。大宮戦の勝利で変なプレッシャーはなくなったとは思うが20試合で9勝2分が19試合で8勝2分になっただけの話。まだまだ降格から逃れたワケではない。スパイクの紐を締めなおして千葉戦に挑みたいところだ。
もっとも筆者にとって最大の敵は巻でも阿部でもなく、蘇我発21:02の「わかしお30号」→東京駅発22:00「ひかり433号」の乗り継ぎが成功するかどうかなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

4ヶ月ぶりの勝利の美酒

名古屋2-0大宮
こーゆー日に限って仕事は終わらないものである。世の中に勝点は0と1しかないと思っていたらちゃんと3もあるのだ。今ワイン飲んだら「お……おおっ……」と言いながら頭の中でミュージカルが始まりそうな雰囲気だ。
試合内容は全く不明だけど少なくとも「たまたま運良く勝った」「東城マジックが炸裂した」とかではないようだ。つーか楢﨑、藤田、古賀が先発したおかげで普通のチームに戻っただけかも知れんw。だったら中断後からそうしろと小1時間(ry

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006/07/25

反町じゃぱん

U-21代表候補に本田と豊田が選出された。反町監督がガンバ戦でのこの二人を見て選ぶかどうかはちょっと微妙だったがとりあえず良かった。この時期にクラブを離れて欲しくないという気持ちもあるが、代表でちょっと違うサッカーをやってみるのもいいかも知れん。期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

あと勝ち点29?

14節終了して勝ち点11。昨年15位の清水が勝ち点39なのでJ1残留の目安を勝ち点40点とするとあと29点。単純に9勝2分。残り試合は20試合なので2試合に1回は勝ち点3が必要。仮に7勝6分7敗とすると勝ち点27。多分ギリギリ。1勝1分1敗ペースで行ったとしても厳しい状態。
この惨状を選手も監督もフロントも分かっているのか?このままだと本当に降格するんだぞ。今のサッカーであと8勝も9勝もできるのか?
「ヨンセンが入れば」とか「1つ勝てば」なんて甘ったるいことを言える状態ではないと思ってる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/22

転がる石のように

G大阪5-1名古屋
万博の芝生席がフツーのコンクリートの立見席になってた。試合前にまったりと芝生で横になるのが好きだったんだけどねぇ。
試合はもう笑うしかなかった。後で気が付いたんだがマグノアウベスいなかったんだね。それで5失点だもんね。それも崩されてじゃなくて「どうぞ点を取ってください」と言わんばかりのゆるい守備。よくぞ5点ですんだよな。「どうして5点しか取れなかったんだ」ってG大阪の選手はみんな反省していると思うよ。
0-2から1点取った時に選手が集まって喜んでいるのを見てもうダメだ思った。まだ負けている状況で、なんでそんな余裕があるワケ?1点取ればそれでOKだったの?
戦術的な話をすれば中盤でプレスかかっていないのに中途半端にラインを上げしかも3バックが相手につられてサイドに流れるから一番注意しなければいけないエリアをガンバに好き放題使われている。あとボールを奪う時も一人で行って抜かれて終わり、基本的に自分の前にいる選手しか見ない。ただ漠然と相手に詰めるだけ。攻める時でもパスを出したらそれで終わり。2人、3人で連動して崩そうという動きがない。両サイドがこんな動きでは絶対点は取れない。はっきり言って中断前より下手になってる
采配も疑問。2点差を追うなら後半開始時点で須藤→豊田。1-2の時点で中村→片山。そもそも中村先発、杉本、玉田の2トップが有り得ない。どうしてもこの2トップなら二人を裏へ走らせるような組立てが必要。それもなし。
まあ、負けるべくして負けた試合。怒る価値も無い。ヨンセンが一人でドリブルからシュートまでできるタイプのFWでなければ今シーズンは終わり。

続きを読む "転がる石のように"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/19

オランダキャンプはただの観光旅行だった

名古屋2-3広島
-今日の収穫-
1.エキスポビジョンがキレイだった
2.バスがカッコよかった
3.中断期間が2ヶ月近くありオランダキャンプを行い強豪クラブと練習試合を行ったにもかかわらず進歩がないどころかむしろ退化しているプロのクラブがトップリーグに存在しているというコトが分かった
-以上-

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/07/18

広島戦

明日対戦する15位広島との勝ち点差は1。16位の福岡との勝ち点差は3。選手の皆さまにおかれましてはすでにそれ相応の危機感をお持ちであると信じる次第であります。
今シーズン、開幕戦を除けば瑞穂では(1)大分、川崎、甲府に完敗(2)一人少ない大宮に逆転負け(3)セレッソにロスタイムに同点、など恥ずかしくて情けない試合ばかりでございます。選手の皆さまも悔しくて夜も眠れないような試合ばかりだったと思います。
すでに公式戦では4ヶ月勝利がございません。瑞穂で試合終了後に拍手した覚えがございません。たまには勝利の喜びを味わいたいと思うばかりでございます。明日はエキスポビジョンのお披露目の試合でもございます。鮮やかに映し出されるゴールシーンがウェズレイとか佐藤寿人とか森崎兄弟とかにならないよう、できれば広島の選手のゴールシーンは一切映し出されること無く、玉田や本田や古賀が何回も何回も映し出されることを願うばかりでございます。
まあ一言で言いますと勝てと言うコトございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨンセン獲得

↓で紹介したもらった翻訳サイトとかうろうろしていたらついに中スポにも記事が。あすにも正式発表、とのこと。今度は身長詐称とか大丈夫のようだ。
「過去の実績だけでなく、今でもパフォーマンスを期待できる。人間性もすばらしく、リーダーシップもある。プレースタイルもクラブ、監督の求めるタイプ」
とあるけど、この辺は外国人選手を獲得した時のテンプレートからコピペしたようなお約束のコメントなので、評価はあくまでも実戦で。早ければ30日の千葉戦に出場可能と言う事なので5分でも10分でもいいのでぜひ出てもらいたい。まずは日本の暑さを体験してもらわないと。
あ~19日に間に合わなかったのは本当に痛いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

「あ、ヨンセンって言っちゃったね」

良く分からんがヨンセンが胴上げされてるシーン。相変わらず記事の内容は読めないけど、名古屋への移籍が決まったから胴上げしてるんだよね、これは。もう確定でいいよね?
いつから出られるのかな?8月から?
先日の清水との練習試合は1-1。相変わらず「1点しか取らない」サッカーをやっているみたいだけどヨンセンが入って「たまには2点、3点取っちゃうぞ」というサッカーをやってくれれば・・・。と土、日、月と仕事しながら妄想してみる。ええい、水曜日はサボ・・・じゃなくて有給という労働者の権利を行使させてもらうからな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

ヨンセンキターーーー??

ノルウェー語→日本語どころかノルウェー語→英語の翻訳サイトも見つからず・・・。仕事の合間に何件か本屋に寄ったんだけど辞書も見つからず。旅行用の簡単な辞書もスウェーデン、フィンランドはあったのになぜかノルウェーはなし。名古屋サポが買ったのか?
つーわけでノルウェーのサイトを見ても何書いてあるのかさっぱり分からん。が、とりあえず名古屋に来そうなニオイはする。
ついでに調べたら日本(東京)とは気温差が10度くらいあるらしい。35度なんて気温は体験してないだろうなあ。その辺がちょっと心配だが、長身のストライカーというのは確かのようだし期待しちゃうよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/13

補強のお話

例えば7月に新車を発表することが決まっているとしよう。4月の段階でエンジンのパワー不足が表面化したとする。ところが実際に改良を始めたのが6月。しかも改良はうまくいかず別の方法を検討することになり、結局7月の発表には間に合わない・・・と言う事になれば、自動車会社としては大問題でしょうね。

新外国人FWにヨンセン浮上。ミロ(ryとの解約は保留
 「J1中断明け(グランパスの再開第1戦は19日)には間に合わないかもしれないが、そのころに結論は出せると思う。方向性は決まりつつある」
おお、いいねえ。筆者も仕事でこういう風に言ってみてぇ。
「期限には間に合いませんけど、結論はでると思いますよぉ。方向性は決まってるしぃ」ってね☆

・・・課長に「お前仕事やめろ」って言われるのがオチですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

祭りは終わらない

イタリア1(5PK3)1フランス
なんか下で適当に書いた予想が当たっちゃいましたがw。まあでも多くの人が筆者と同じ予想をしていたのではないでしょうか?でもやっぱり90分で、せめて120分で決めてほしかったな、と思う。それにしてもジダン。アレで引退っていうのもなあ・・・。

さて、とりあえずこれでW杯は終了。睡眠時間も元通り。期間中毎日更新した筆者乙。

<お知らせ>
「人の命とココログは地球より重い」と言われてきましたが、それじゃあヤバイと考えたようで11日~13日までメンテナンスするそうです。この間ここは閲覧のみとなりますのでご了承ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

前半36分玉田

最後の練習試合、アーヘン戦の模様はこちら。・・・玉田に何か憑いたのか?ブラジル戦から3試合連続ゴール?玉田が?いやぁ、どうしよう。いや筆者はもちろん信じてましたよ?リーグ戦も期待していいですよね?ね?
試合は2-0で勝ったものの気になるのはミロ(ryこと練習生。2試合連続ノーゴール。90分出場したのは内容がよかったからか、それとも逆なのか?某匿名掲示板では他の外国人選手の名前もあがっているし・・・。まあでもなんとなくミロ(ryで決定じゃないのかなぁ・・・。

さて、長かったW杯もついに決勝戦。ずばり1-1。PK戦でイタリア勝利と見た!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/08

キャンプもあとわずか

玉田がオールスター戦出場選手に選ばれました。・・・どうでもいい試合なんでこの話はこれまで。
オランダキャンプはアーヘンとの練習試合を残すのみ。内容はどうだったのか、リーグ戦を見るまでは分からないがキャンプでケガをした選手はいないようだし、レポート見るかぎり順調だったのだろうと思われる。ということはもう言い訳はできないね。

さて3位決定戦はドイツvsポルトガル。ドイツは地元の意地を見せるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

ミロ(ry契約保留orz

ミロ(ryの契約持ち越し。体調面に不安有りとのこと。確かに欧州ではオフかもしれないが、Jリーグはあと10日で開幕。しかも「絶対に負けられない戦い」が続く以上コンディション不良の選手を獲得するワケには行かない・・・とはいえ今から他の選手探しても見つからないでしょ?もうミロ(ryでいいじゃん。経歴詐称や年齢詐称よりカワイイじゃん(つーかミロ(ryがウソついんたんじゃなくウチのフロントが勝手に間違えたんだよね?)

年齢詐称といえば「はるか17」ではるかの年齢詐称がいつ間にかウヤムヤになっていないか?なんかファイン編に入ってから全然面白くないんだけど。って何の話やねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

VSリエージュ

リエージュとの練習試合の結果がアップされています。ミロ(ryも先発出場しています。コンディションは今イチだったようで。もう1試合出場予定のようなので、契約はこの試合の結果次第になりそう。それよりも・・・

・得点
<名古屋>
前半14分:玉田
前半14分:玉田
前半14分:玉田

さすが「日本サッカー史上、W杯でブラジルから(ry」選手だけのことはある。

さて、練習生ことミロ(ryだがこんな記事も。
プロフィルには身長186センチとなっていたが、チーム関係者が「180あるかないか。ないんじゃないか」と言うように、長身FWではなかった。
・・・さすが「お笑いグランパス」。笑いのツボを心得ている。こうすればサポに笑ってもらえるだろう、と言うポイントを良く知っている。だめだ、笑いが止まらねぇ。まあ正式契約する前に分かってよかったじゃんwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュンヘンに散る

ポルトガルvsフランスはPKの1点を守りきったフランスの勝利。ロスタイムにはGKリカルドも攻撃参加して同点を狙ったがゴールは奪えず。ポルトガルとしてもベストに近い状態だったと思うが、それでもフランスの壁は厚かった。結局FWがパウレタ1トップ以外の選択肢がなかったことがが最後まで響いてしまったか。
というわけで決勝戦は・・・

ベアトリーチェ VS エレナ

ということでよろしく(うわ、マイナーなネタ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/05

ドイツvsイタリア

もはやPK戦突入は間違いないだろうと思われた延長後半14分、グロッソのシュートはゆるくカーブしてゴールへ。さらに2分後にアレッサンドロ・デル・ピエロォーーーーッ!やっぱりイタリアといえばデル・ピエロだよなっ!
大会前はベスト4までかなあ・・・と思っていたがこの勢いなら優勝するかも。

さて今日は・・・何もいうまい。フィーゴvsジダン。その目に焼き付けろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

楢﨑、玉田オランダへ

玉田と楢﨑がオランダへ出発した。練習試合には間に合うのかな?「日本サッカー史上、W杯でブラジルからゴールを奪った唯一の選手」玉田はきっと向こうでも大人気だろう、多分。
ミロ(ryは所属クラブとの契約の問題?からか名古屋の練習にはまだ参加できない模様。えーと・・・まさかリーグ戦ぶっつけ本番?キャンプに間に合うどころかキャンプ参加すら難しいなんて・・・しかもまだ正式決定じゃなんだよなぁ。
まあいいや。今日はドイツvsイタリアだ。すっげえガチガチな試合になりそうだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

それもまた一つの道

中田英寿引退表明。天才の考えていることは凡人には決して分からない。30歳を前に引退するのも一つの道。チームを転々とし体が動かなくなるまで続けるのも一つの道。一度引退しながら復帰して地元のアマチームを引っ張るのも一つの道。中田は中田の道を行け。
それはそれとしてだ。日本サッカー協会会長の「ヒデらしい鮮やかでさわやかな決断だと思った」というコメントに妙にムカついたのは筆者だけだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

死闘!ゲルゼンキルヘン

イングランドvsポルトガル。試合は0-0で引き分け、PK戦の結果ポルトガルが準決勝進出。エウゼビオがいた66年以来の準決勝進出・・・と言われても伝説の領域。
さて試合内容だが、同じようなタイプの両チームだったがデコがいないポルトガルがやや不利かと思われたがイングランド相手に互角以上の戦いで前半を0-0で終了。
後半になると試合が一気に動きだし眠気が吹っ飛ぶ展開に。まずベッカムが交代。その後ルーニー退場でイングランドは10人に。ポルトガルはパウレタを下げロナウドをFWに上げたがこれが裏目。イングランドはエリア内に集まり白い団子作戦。ポルトガルは崩そうとしても崩せず、ともにカウンターからチャンスを作るものの、シュートを外したりGKのファインセーブなどでゴールを奪えず。イングランドはクラウチ投入。ポルトガルもフィーゴをさげFWポスティガを投入するも、90分では決着がつかず延長戦へ。筆者はコーヒーがぶ飲みし睡魔を撃退。
しかし延長でもゴールを奪えず。ハーグリーブズが最後まで運動量が落ちず(’アンカー’のはずがいたるところに顔を出す化け物ぶり。量産型ハーグリーブズが吉村だ、というのは今考えたネタ)、マニシェのミドルシュートもネットを揺らすことができず、0-0で終了。PK戦は時の運。振り子の針はポルトガルに傾いた。
まだまだフィーゴを見ることが出来る、と安心し布団に入った筆者が起きたのはブラジルvsフランス戦の終了間際であった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

・・・PK戦の記憶がない

ドイツvsアルゼンチン、緊迫した好ゲーム。だったのが延長入ったあたりから睡魔がジェットストリームアタックをかけてきたおかげでPK戦のころにはダウン。起きたらイタリアが3-0で余裕の後半ロスタイムを戦っていたところだった。あちゃ。
さすがに疲れがたまってきてるなあ。しかしここはがんばらないといかん。今日はイングランドvsポルトガル、ブラジルvsフランスの2試合だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »