« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/30

失速

鹿島2-1名古屋
4連勝で勢いに乗るかと思われたが上位との3連戦で1分2敗。力の差を見せ付けられ勝ち点伸ばせず残留争いから抜け切れなかった。残り試合は週1試合というまともなスケジュールになるのでなんとか戦っていきたいところだ。

さて試合前のメンバー表では本田の位置に増川、本田がFWと言う事で杉本、津田の2トップで実質3-5-2かなと思ったが、セフの戦術をことごとく読みきるD氏曰く「え~増川FWに決まってるじゃん」の一言。はい、大当たりです。もうセフの意地というかなんというか「ヨンセンいないぐらいでシステム変えるワケないだろうが」という魂の声が聞こえてくるようだ。
さて試合開始。3-4-3で中盤はフラットに近くトップは増川w。右に杉本、左に津田。前半はバランスよく鹿島を押さえることが出来ていた。藤田と山口も中央で起点になり、左は本田、津田、右は中村、杉本、最終ラインは古賀と大森で2トップをマーク。鹿島が主力不在と言う事を差し引いても守備意識がしっかりし相手を押し込んでいる内容だった。攻撃ではやっぱり増川の所にボールが収まらない。ヨンセンは周りの動きを見ながらかなり細かくポジションを修正しているが増川にそれを求めるのは酷か。
先制点はやはりというか動きの良かった津田。左サイドにいた山口が縦に杉本を走らせ、杉本はグランダーのクロス。これを増川触れず相手DFも触れずフリーの津田に。津田は落ち着いて蹴り込み先制。その後も互角以上の戦いを見せるがペースを握った時間帯で追加点を奪えず、結局これが重くのしかかることになるのだが。
後半、負けている鹿島は積極的に前に出てくる。特に名古屋の両サイドをつかれるシーンが多くなる。後半開始直後こそ前に出られていたものの次第に鹿島ペースになる。右サイドからのFKに岩政のヘディングが決まり同点。

ま た セ ッ ト プ レ イ か ら か よ

同点になって、さらに加速を始めたのが誰あろう家本主審。ワケのわからない判定基準に両チーム苛立ちを見せる中、青木が退場。ベンチで準備する秋田を見てD氏「交代は増川だね。で、FW古賀」はい、またしても大当たり。さらに運動量が落ちた津田に代え片山。勝負にでた名古屋だったが、またもやセットプレイでゴール前で誰にも分からない何かが起きたためPK。鹿島に2点目を許す。その後杉本に代え豊田を投入、パワープレイで何度かチャンスを作るものの同点ゴールは生まれず。逆にまたも見えない何かが働き大森退場。試合終了後に藤田にイエローが出るというオマケつき。これでカシマ18連敗。もはやなにか宇宙の意思が働いているとしか思えない。
ガンバ戦同様前半は攻守バランス良く展開できていた。後半に崩れるのは疲労もあると思うけど、相手が攻め方を変えてくるとうまく対処できないのかなという気もする。このへんはオシムではないが考えてサッカーをしないとダメなんだろうな。以前のようななすすべもなく後ろでボールまわすだけ、という状態よりは進化してはいる。また2週間近く空くのでここで修正だな。大森出場停止だが誰が穴を埋まるのか・・・

「有村は左右できる」

今なにか聞こえたが気のせいだよな?

続きを読む "失速"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

鹿島に集え、歴史の証人たちよ

説明不要、魔物が住んでいるカシマスタジアム。13年間勝点1すら取れないなんて狙っていてもできへんわ。鹿島は小笠原移籍、本山が負傷?その他主力選手温存というウワサが流れている。しかし名古屋もヨンセンがノルウェー代表の試合のため不在、金も負傷、玉田も出ないと思われる。マスクド・スピラールのケガの影響も気になる。さらに柳沢が出場停止とマイナス要因に事欠かない。
だが中村、本田、山口、藤田といった中盤が好調という好条件もある(疲労は気になるが)。鹿島国行国境越えバスの時刻表は入手した。東京駅近くのホテルも予約した。パスポートも準備した。仕事用の携帯電話の電源は切ったw。
俺たちは明日、歴史の証人になる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/27

悔しいけど良しとしよう

名古屋3-3G大阪
前半はどっちが上位のチームかわからない試合展開だった。後半はどっちが上位のチームか痛いほど分かった試合だった(涙。今の名古屋じゃフェルナンジーニョは止められん・・・
後から考えると采配に疑問が残るけど、現場で見ていたときはベストの判断に思えた。悔しいがしょうがない。優勝争いをしているチームとはまだまだ力の差がある。7月の再開後8試合で4勝1分3敗。J最低の攻撃力だったチームが8試合21得点(アウェーガンバ戦を除き全て2点以上)ということを考えればチームは変わっていると信じたい。ネガる要素はなくはないがそれ以上にポジる要素の方が多いと思うぞ。

開門が遅かった上に招待(ryのため延々と長蛇の列。後から来た友人は1時間近く掛かったらしい。場所取りをしてくれた友人に敬礼。
メンバー表では3-5-2だったが実質4-3-3だろう。前半早々ガンバ山口が負傷で交代。その影響かガンバディフェンスがかなり落ち着かず、名古屋は藤田がPKを決め先制。さらに中村が遠藤からボールをかっさらって2点目。「はぁ?負ける要素がどうかしたかい?」。なんか予想外の展開で2-0となったが、その直後に予想通り崩されて幡戸にゴールを許す。しかしその直後、22メートルのFKを本田が豪快に決める。大歓声の後「あまりにもすごすぎて言葉が出ない」という一種独特の雰囲気が瑞穂を包んだ。この時点で3-1。えーと、優勝争いしてるのはどっちのチーム?セットプレイではひやひやしたものの中盤ではガンバを圧倒。特にアンカー的な役割の山口が効きまくっていた。万博の借りに利子つけて返せる・・・と思っていたのだが。
ハーフタイム、ダンスのお姉ちゃん人多杉。でも面白かったんでまたお願い。
さて後半山口の代わりに入った青木に代えてフェルナンジーニョ投入。これがガンバにとっては大成功。ガンバは中盤が活性化し名古屋は前半飛ばしすぎたが足が止まり始めマークもずれ始める。58分には古賀がマグノアウベスを倒しPK。これは微妙なプレイで審判が3人居れば一人はPK、一人は流して、一人はマグノアウベスのシミュレーションを取るだろうと思われる。見る位置によって違うだろうし、今回は主審に文句言うつもりは無い。ただ「強く押したわけでもないのに両手を広げて倒れるなんてマグノアウベスって体が弱いのね」とだけ言っておこう。
コレで流れが変わった、と試合後のコメントにあるがこの時点ではまだ3-2。足が攣った津田に代えて増川。じゃあ3バックかと思ったら4バックのままで本田を1列前に上げる。その7分後には藤田→渡邊。ええと、だったら津田→渡邊でよかったんじゃね?渡邊左で本田が中央。この時点でほとんどの選手が足が止まっている状態でガンバの攻撃を止められない。せっかくボールを奪ってもシジクレイがぴったり張り付いているヨンセンを狙うだけ。いくらヨンセンが神だからってシジクレイ相手に毎回競り勝てるわけねーだろが。むしろヨンセンを囮にして宮本の裏を狙えばよかったんだよ。藤田が居れば一工夫できただろうに。それでもなんとかしのぎあとわずか、という時に集中力が切れたんだろうな。右からのクロスに対してみんな棒立ち。うまく体を入れた中山に同点ゴールを許す・・・。時間稼ぎのための杉本→橋本の交代はもはや意味なし。テンパった橋本君は「ここはどこ?私は誰?」状態。結局3-3で引き分け。
ガンバと撃ち合いで負けなかった、のは評価できるけど失点シーンがあまりにも毎回同じ。セットプレイ、または左右のクロスに対して人数がいるにもかかわらず、なぜか相手のキーとなる選手が常にフリー。頼むからもっと練習してくれ、としか言いようがない。

続きを読む "悔しいけど良しとしよう"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

♪赤い仮面は~謎の人~

マスクド・スピラールの本番仕様のマスクが完成したようだ。・・・どう見ても赤影です。忍者だからってセットプレイで消えるのはなしね。「仮面の忍者・赤影」が分からない若い人は自力でググってくれ。ついでに言っておくと筆者が見たのは再放送だからね。リアルじゃ見てないからね。

もう一人の英雄、ヨンセンは代表合流宣言。ただし鹿島戦のあとで合流を希望しているとの事。うう~泣かせるねぇ。大丈夫。鹿島戦の次の日にクラブのバスで成田まで送ってもらえばいいじゃんw。

ようし。なんか妙にテンション高くなってきた。さあ、瑞穂へGOだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

万博の借りは倍にして返してやる

まずはいい話題から。
磐田戦の負傷で全治4週間と診断されたスピラールだったがマスクド・スピラールとして出場できそうだ。
「25日にはカーボンファイバー製の本番仕様の物が届く予定。これは通常製作に2週間かかるが、装具店に依頼して4日間で仕上げてもらったこだわりの一品だ。」
サルト・フィニートに特急料金1万ユーロ払って作ってもらったのか?無理はしてほしくないが・・・出られるんなら出てもらわんと何失点するか分からんからな。
で、次は悪い話題。
金正友、全治2週間。orz
9月の広島戦がギリギリか。韓国代表の試合もあるようだが、ここで無理したら取り返しがつかんことになってしまう。某国ではある代表監督がケガ人を召集してぶっ壊して結局本大会には呼ばず、その選手が所属するクラブは低迷、ついに監督交代にまで至ったという例もあったからな。
あと、良い話題と悪い話題がごっちゃになったヤツ
ヨンセン代表選出。これはもう嬉しいことなんだけど日が悪すぎ。鹿島戦、広島戦の出場ができなくなるらしい。鹿島戦なんてヨンセン、金正友抜きでどうしろと?今年こそ歴史の証人になれると思ったのに・・・。
まあ、しょうがない。まずは明日の試合だ。
「打ち合いになれば、ウチの特長が出るし負ける要素はない」

・・・ほ、本田さーん。遠藤がこんな事言ってますぜ。その左足でちょいとひねってやって下せぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

0-2よりまマシ。とポジってみる

 川崎4-2名古屋
先発メンバー見た瞬間にコーヒー吹いた。川崎と撃ち合いで勝てると思ったのか、ウチの監督は。試合見てないのでコメントはなし。今のグダグダな中盤では上位相手には苦しいんだろうな。監督も自分で作った迷路で迷っている感じ。まあいいや。勝負は9月だ
(2chの実況スレで一番笑ったレス→「ヨンセン何人いるんだよ」。今日も1ゴール。攻守にこれだけ貢献してくれる選手がいるんだからきっと大丈夫だよ、
9月は。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/08/19

国際本田デー

名古屋3-1磐田

アジア杯の予備メンバーに入っているとかいないとか。2ゴ-ル2イエローと本田大活躍。なかなかペースがつかめない状況から渾身のミドルシュートとFK。どちらも練習していたウワサされる無回転ボールか?とにかくこの2点は大きかった。ちなみに本田のゴールを見た筆者の叫びは「○△☆※♪♪!!!」すでに言葉になってませんw。いやあ、あんなゴールを見せてもらって冷静でいろってのいうのが無理!

でハットトリックも夢ではない、と思った矢先に退場orz。イエローはいずれも後ろから相手に足に行っているしカードが出てもやむを得ないが・・・。

今日は本田のサイン入り写真も当たったし国際本田デーと勝手に認定。

3年後にはバルセロナ移籍だなw。

先発メンバー発表で甲府戦同様「4-3-3」というのを見て軽く目眩が。いくらなんでもあの守備じゃ磐田に通用しないだろ、と思ったが、まあ3トップで行けるとこまで行けばいかなと開き直ってみる。さらに主審の名前を聞いて負けを覚悟。「本当の敵は西m(ry」。無駄に豪華な磐田の控えメンバーに苦笑。
さあキックオフ。甲府戦に比べて修正は・・・ちょっとだけサイドの守備が改善されたが、あまり変わらないw。3トップの左右がもう少し守備をしないと(特に玉田・・・)中盤が左右につり出されMF~DFの中央がぽっかり空いてしまう。そこをつかれて試合は磐田ペースで進む。が、本田の華麗すぎるミドルシュートが決まると、さらに10分経たないうちに本田のFKで追加点。前半で2点差とし磐田のゲームプランを完全にぶっ壊した。
守備の建て直し後半に入る。磐田は2点リードされているにもかかわらず落ち着いて最終ラインでボールをまわす。さすが王者。ところがここでまさかの本田退場。この判定はしょうがないとは思うが、だったら同じようなプレイが磐田にもあっただろ・・・。
こうなると玉田か杉本を下げて・・・下げて・・・下げないのかよ。ここはメンバーを代えずに全体的に下がることで対応。定石だけが全てじゃないのね。でもって、さらにアクシデント。献身的な守備をしていたスピラールが負傷退場。「まさか・・・増k」瑞穂を緊張が包むが出てきたのは秋田。こうなると残りどこで藤田、玉田、杉本を下げて須藤、増川を入れるか判断が難しくなる。厳しい状況の名古屋相手に磐田は一人多いのに相変わらずDFラインでパス回し中。
で、セフが選んだ選択が藤田→増川。増川は左SBの位置に。守ることは守るが杉本、玉田の高速カウンターの可能性は残しておく。その杉本は足がつる8時半まであとわずか。待望の追加点は高速カウンターをファールでしか止められず玉田が倒された得たFKから。中村の絶妙なFKに飛び込んだのはヨンセン。マークについていたのは秋田w。ツインヘディングシュートで大きな追加点が生まれた。ロスタイムの失点は余分だったが「東海ダービー」を制して4連勝。順位は暫定ながら・・・まだ12位かよw。

続きを読む "国際本田デー"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/08/17

背中に輝く50番

土曜日の甲府戦では「直志は今日までは『現代表』だからな」つーわけで「ナオシ・ニッポン」コールなんぞしていたら1ゴール2アシストの活躍。「オシム!見てるか!」なんつって叫んで楽しんでたわけだ。
んで翌日。墓参りの途中で「直志代表入り」の情報が。ご先祖様の墓の前で思わず「ウッソー」と叫んでしまった。
その後22人中20人しかベンチ入りできない事を知り「一人は直志だな」と勝手に思い込んでいた。んでメンバー見たらベンチ入り。これで途中出場でミドルシュート一発決めたらサッカー雑誌の表紙になりかねない事態だったがサッカーの神様はそこまで甘くなかった。仲間内での評価は「中盤のどのポジションでも3番手」。でもそういう選手って意外といないからしばらくは代表に呼ばれるかも、と期待してみる。
とりあえず磐田戦ガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

狂喜乱舞

名古屋5-1甲府
FW全員プラス「日本代表」中村の5ゴールでホーム2連勝&3連勝。ゴール裏は狂喜乱舞。エキスポビジョンに繰り返されるゴールシーン。瑞穂に取り付けたかいがあったなw。
・祭りの一発目は玉田。流れの中からのゴールは今シーズン初。なんだかんだ言っても中断後毎試合得点にからんでいる。代表復帰も夢じゃない・・・と思う。後半10得点10アシストぐらいすればね。
・2点目は杉本。相変わらずクロスはアレでナニだが一発で裏へ出るとGKをかわしてシュート。今までだったらポストに当たって跳ね返るところだが、今日はサッカーの女神がちょっと微笑んだ。
・3点目はヨンセン。甲府に1点返され、2点目を取られるのも時間の問題という状況でダイレクトでパスをつないで中村の絶妙なクロスを丁寧に押し込む。ああ、俺たちは今ディープストライカーの手本を見ている
・4点目は俺たちの「日本代表」直志。これも1対1の状況で冷静に相手をかわしてゴール。ゴール前でこんなに落ち着いている名古屋の選手なんて見たことねーよ。
・5点目は津田。直前にも同じような状況があったが、ゴール前で中途半端なパスで相手に取られ「FWだったら勝負しろ」という厳しい野次。それに応えて今度は中へ切り込みシュート。ゴール後の暴れっぷりが初々しくて○。ひと段落ついてからもう1回ガッツポーズw。イエローもらってればウケたのに。
・6点目は本田、と言いたいところだったが終了間際のビッグチャンスに左足で放ったシュートはわずかに枠を外れる。祭りの最後はこんなもんだ。

続きを読む "狂喜乱舞"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/11

「ダイターン!カムヒア!」

「この瑞穂のエキスポビジョンの輝きを恐れぬならかかって来い!」
なんか浮かれ気分で過ごした2週間でしたがいよいよ甲府戦です。ヨンセンホーム初登場、秋田がケガから復帰、さらに全治2~3週間と言われた玉田も復帰。本田はU-21代表で先制ゴールの活躍。急遽代表選出された中村はミドルシュート2発でアピール。某巨大掲示板で大人気w。その中村を某会長は名前を知らなかったらしい。
「なにを言うか!早稲田派閥の独裁をもくろむ男が何を言うのか!」
金正友が出場停止なのは痛いがその金は韓国代表選出。浮かれて当然っちゃ当然なんだが・・・こういうときにやっちゃうのが名古屋だからなぁ。毎年同じことを繰り返して
「確かに名古屋だ。この連中には時間の流れがないのか」
と言われ続けていたし。とは言えヨンセン加入で得点力は確実にアップした。
「シュートが少ないぞ、相手は動いてくれてるんだ。なまじ狙わずに打てと言え!」
マークは厳しくなるだろうが本田、中村、杉本、藤田でサポートすればいい。相手の甲府はバレーがいないらしい。かといって安心は全く出来ないけれども。まだまだ降格の危機が去ったわけじゃないし、2連勝したとはいえ、ここで負けたら意味が無い。サポも油断することなく応援しないといけないだろう。
「悪・即・斬。それが俺たち赤鯱組だ」

鈴置洋孝さんのご冥福をお祈りいたします

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/09

「ええい、サントスはいい、直志を映せ直志を!」

俺たちの直志君がついに代表デビュー。来年から選手名鑑に「日本代表1試合0得点」というのが追加されるワケだ(・・・いや1試合とは限らんけど)。いやぁ、嬉しいやら泣けるやら、動きがいつもと一緒だわ、ああ、直志君はいつだって直志君なんだなあ、とワケもなく感動したりする。こういう時どういう顔をすればいいか分からないな。
なぜか某巨大掲示板では大人気で「直志の人気に嫉妬」状態だが、なにがあんなにウケてるんだろ?まあ2日も経てばブームも終わるだろけどw。
試合については評価しようがないのでパス。TVではサントスのゴールシーンばかりリプレイ繰り返してたので終いに飽きた。
とりあえず本田も直志も代表のことは置いといて甲府戦での健闘を期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

空飛ぶ本田

本田のヘディングのゴール初めて見た。もしかして豊田よりうま(ry。試合は2-0で日本の勝利。内容は100%には程遠いが、まあこんなものかという感じ。本田のできも今イチに見えた。「まだ本田と心中するつもりはない」とは反町監督のコメント。「まだ」ということは将来的には本田が中心選手になる可能性があるという意味か?そうすると家長の控えでは終わらないような気がするな。「走ることが全てじゃない」って今の時期に平気で言っちゃう本田。いやホント将来が楽しみ楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/07

代表のチャンスは1度

「この5人に関してはトリニダードトバゴ戦のメンバーです。ずっとイエメン戦までいく可能性はありません」

そんな決定権がお前にあるのか!?

イエメン戦に召集するかどうかは練習と9日の試合とA3出場選手のコンディションを見た上でオシム監督が決めるものだと思っていた。違うのか?
こーゆーおバカな発言を覆させるような活躍を直志君に期待する。少なくとも名古屋サポだけは直志君の味方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

「いくぜぇ!直志君」

ロッカールームにて
オシ○「君たちはトリニダード・トバゴ戦のためだけに召集された、いわば人数合わせのためだけのメンバーだ。この試合が終わればそのままお帰りいただく。では健闘を祈る」

S田「なんやてぇ?」
K原「俺たちはただの人数合わせだって?」
S木「もう適当にやって帰ろうかな?」
Y瀬「そうすっよ。所属チームの方が大事ですよ。ねぇ、直志君」
N村「・・・いや、どうせなら俺たちの力を見せ付けてやろうじゃないか」
S田「いや、でも・・・」
N村「一寸の虫にも五分の魂。窮鼠猫を噛む。一試合だけの人数合わせのメンバーと言われた俺たちの意地、見せてやろうよ」
K原「そ、そうですね、直志君」
S木「俺たちの意地を見せてやりましょう、直志君!」
N村「お、おう。あ、俺、一応最年長・・・」
Y瀬「やろうぜ!直志君!」
S田「俺たちが試合を決めてやりましょう!直志君!」
K原「行こう!直志君!」
N村「よ、ようし」

-さあ中村がCKを蹴った。逆サイド山瀬が落としてそこへ坂田!ゴーーール!追加召集組のメンバーの活躍で3-0と突き放したぁ!

O熊「監督、彼ら大活躍ですねえ。所詮一試合だけだからって煽ったかいがありましたね」
オシ○「うむ、代表メンバーはあくまでも競争を生き残ったものでなければならない。与えられたチャンスを生かした彼らにはその資格がある」
O熊「では、次の試合も?」
オシ○「少なくとも、これから何度か呼ぶことになるだろう」
O熊「全員にチャンスがあると言う事ですね」
オシ○「そう、ウサギの耳は長いが、耳が長いからといってウサギとは限らない。そういう事だ」
O熊「・・・・・・?」

・・・という少年マガジン的展開だったらオシムは神。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

日本代表

オシム監督に変わって初の日本代表メンバーが発表された。メンバーは省略。「A3やら遠征しているチームやらあるのに親善試合なんざやるな、ゴルァ。まともに選んでられっか」という怒りを込めた選出かw。リーグ戦で結果を出している選手を選ぶという当たり前っちゃ当たり前のメンバー。気持ちいいくらいにジーコを完全否定してくれた。GKが川口なのは静岡ダービーを見ていなかったためか?アレ見てたらとてもじゃないけど(ry。
まあ、この時期に選ばれたってたいした意味はないんで、まずはチームのためがんばって結果を出して順位を上げていけば楢﨑も古賀もその内選ばれるさ。
・・・とここまで書いたところでニュースが。

コーヒー吹いた。

青ユニの直志なんか想像できるかw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/03

18人枠

U-21日本代表中国遠征メンバーが発表されました。豊田、本田が選ばれてます・・・といっても選ばれない理由はないんですけどね。まあ豊田はアレですが。反町監督はオシム監督を意識したハードな練習をやっているようでそれだけでもいい経験になるのではないかと。本田はどのポジションで使うつもりなんだろ?左SHで家長(今回はいないけど)の控えっつーのも面白くないし。まあ本番をお楽しみってとこですかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/01

神を見た夜

「最終のひかりに乗りたい名古屋サポが京葉線ホームから新幹線ホームへ走る時に肉離れしますか?」
早足で歩いて7分弱。全力で走れば5分切るだろうけどお薦めはしませんw。15分ぐらい見といた方が良いかと。

さて神となったヨンセンですが、当たり前ながら基本技術はしっかりしています。ただしDF2人、3人をドリブルでぶっちぎってゴール、というタイプではなさそうです。上手くいえないけど周りに合わせて前線でやるべきことができるタイプ、とでも言うんでしょうか。うーん、うまく言えねぇw。最近までノルウェーリーグで試合に出ていてコンディションも良く、フクアリはかなり涼しかったので動きやすかったかも。名古屋の暑さに対応できればいいんだけど。
とりあえず監督が欲していたFWには間違い無い。うまい具合に2週間空くので、この間にヨンセンを生かすための戦術の練習になるだろう。12日の甲府戦ではかつてのアヤックスの3-4-3を彷彿とさせるようなサッカーが見れたりしたらどうしよう?
とりあえずあと7勝だね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »