« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/28

決戦当日

2-0名古屋
決戦日立台!吹けよ風!呼べよ嵐!ってホントに嵐かよ。
入場前からちょっと空模様が怪しく入場してしばらくしたら雨がポツポツと降ってくる。「あ~降ってきやがったか・・・」と思ったら、雷が鳴り出し運営側からは避難勧告が。緩衝地帯を作ってホーム、アウェーをきっちり分けた割にはメインスタンドコンコースで双方集まり呉越同舟状態。なぜかハイテンションで雑談が続き「西の空が明るくなってきた。ピークは過ぎたな」と繰り返すこと十数回。ふと思い出す3年前の熊本。「くっ、おそるべき古賀の怨念!」
で、結局50分遅れでキックオフ。スカパーはこの間無人のスタンドを映し続けていたらしい。
最初のほうは名古屋らしいポゼッション重視の立ち上がりだった。が、柏がそれ以上。強くて早い。主力が何人もいないとは思えない。柏のプレッシャー+すべるピッチでミスを連続。で、セットプレイから失点。もうこれは楢﨑、スピラール抜きでゾーンで守るかぎり絶対あり得る失点。どうしようもない。さっさと切り替えて前半を1失点で終わらせればまだなんとかなったと思うが、さらにミスから失点。
後半、柏のペースが落ちない。中村→吉村と交代。吉村を入れた事でパスサッカーは諦めたな、と思った。相手が一人減ったタイミングで米山→阿部ととして4バックに。両サイドを上げて、さらにジョンウ→巻とし中盤省略放り込みサッカー。だったら増川上げろよ。これ多分みんな否定すると思うけど、中盤であれだけプレス受けてミス連発するともうパスをつなぐサッカーは無理。放り込みの運頼みしか得点チャンスはなかった。控えに玉田か津田が入ればもう少し違った展開もあったが。
柏はピッチ状態が悪いことを考慮し運動量でカバー。早いプレスからボールを奪ってあとはシンプルにつなぐ。これを90分続けてしまう。うん、強い。
で結局0-2と何年ぶりかに拍に敗戦。痛い敗戦ではあるが実力通りの結果ともいえなくもない。ま、連敗さえしなければいいかな、と思ってはいるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

決戦1日前

遠足の前の日の小学生のようになんかドキドキしてたりする。手を伸ばせば選手に手が届きそうな(てゆうかリアルで届く)臨場感。選手とともにプレイしているような迫力。あえて”フットボール”スタジアムと呼びたい日立台。チケットは完売!いよいよ明日16時キックオフ。ヤツがいないのは残念だが、今となってはどうでもいい。まったく根拠はないが明日ガンバは引き分けるような気がする。となれば勝って首位奪回あるのみだ。
ここに来て津田のケガという残念な話題もあるが、米山は復帰、楢﨑も練習を開始しているという明るい話題もある。GW3連戦、目標は勝点9だ。
・・・いかん、マジで興奮してきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/26

決戦2日前

”試合の壊し手”家○政明
サッカーの試合会場にのみ現われる”裁きの徒”。宝具『黄紙』『赤紙』を操り試合を支配しかつ混乱に陥れる。
『黄紙』は主に自分に反抗的な選手に突きつけその選手の行動を抑え込むのに使われる。また10m以内に近寄っただけで突きつけられた選手もいる。『赤紙』はさらに強力な宝具で、これを突きつけられた選手はその試合から存在を消されてしまう。
宝具以外にも『見えないものを見る力』を持ちビデオのスロー再生ですら見えないファールが見えたり、そこに存在しないはずの手や足が見えるなど他の”裁きの徒”にはないおそるべき力を持つ。
これらの宝具と力を駆使することにより、当然試合は大混乱に落ちいってしまう。このようにして関わった全ての試合を壊すことから史上最悪の”裁きの徒”といわれている。2006年に『中位の赤鯱』らの努力と犠牲によって封印され、国外追放となったが最近、日本に戻っていることが確認されている……。

「悠二。ヤツを絶対日立台に近づけないで。分かった?」
「いいけどさ。それよりこれ、元ネタ多分誰も分からないと思うおごわっ」
「うるさいうるさいうるさい。筆者だって知らずに書いてるんだから気にしなくていい!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/25

名古屋を知る日

サッカーマガジン
フェルフォーセン監督インタビュー(システム論)
本田圭佑インタビュー
マッチレポート1ページ写真つき
20P右下の図が今の名古屋を的確に表現しておりお薦め。システム機能度”A”というのがなんとなく嬉しい。

サッカーダイジェスト
杉本&ヨンセンインタビュー(赤鯱2トップ対談)
マッチレポート1ページ

という感じで両方合わせて読むと名古屋の最近の戦い方が分かっちゃいます。思い切って両方買っちゃいましょう(笑。あ、サカダイの方はレイソル特集がありますがヤツの記事は載っていないのでご安心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

ガンバ強すぎ

仕事から帰ってきたらガンバさんが大暴れで気が付いたら名古屋が2位に落ちていた。とはいえ永世代表GK、川口の5失点で気分爽快。
まあ、それはそれとしてガンバ戦と川崎戦は反町監督に邪魔されることなく、ぜひともベストメンバー、ベストコンディションで戦いたい。どこまで通用するのか、去年より差は縮まったか、この目で見てみたい。
おっと、その前に柏戦だな。今年獲得したDFが出場停止みたいだが、いいFWもいるので苦戦は必至。ここで勝てば勢いに乗ってGW3連勝も夢ではないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

連敗ストップ&暫定首位

名古屋2-0神戸
試合前には本田や米山の出場が微妙だとか、ジョンウがケガしたとか色々ウワサもあったがふたを開けてみればベストメンバー。神戸が思ったよりも引いていない。となれば名古屋得意のポゼッションサッカーだ。大宮戦の敗戦のショックもなく連勝中に近い形のサッカーができている。これなら心配は無い。・・・と思っていたのだがDFラインでパスミスが目立つ。特に増川は久々にファンタジー連発。サイドチェンジキャノン砲が決まっていたけどプラマイゼロだよなあ。米山は久しぶりの出場で多少ミスもあったが何度か相手の決定機をつぶした。特にフリーの大久保(だったっけ?)のシュートを横から飛んできてクリアしたシーンには感動した。あれだけで年俸100万アップだ。
得点は40分と41分。左から本田→ジョンウ→ヨンセン、右から中村→杉本という名古屋が誇るウルトラスーパーデラックスホットライン。なんだそりゃ。
後半、攻撃の枚数を増やしつつも足が止まった神戸に対し前半と代わらないサッカーを続ける名古屋。正直もう1~2点取れたかも。終わってみれば無失点で5勝目。ところどころミスも目立ったが、やろとしているサッカーは分かるし実際それが機能して2点を奪っている。今日の勝利は大きいと思う。これでまたまた暫定首位。明日磐田が7点差以内で勝つか引き分けで’暫定’の文字が取れる。いや楽しみ楽しみ。

続きを読む "連敗ストップ&暫定首位"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

ヨンセン焦ってる?

ヨンセン、珍しくFKを練習(中スポ)
あ~そういえば1回も見たことがない気がする。そりゃそーだ。ヨンセンがFK蹴ってたら中で合わせる選手がいないもんな。6試合1得点と焦る気持ちは分かるけど・・・。守備に貢献しているといってもやっぱりFWですからね。実際どこが悪いってワケでもないんですけどね。次の神戸戦あたりでスカッと1発決めて欲しいとこです。

「「毎試合、得点できるわけではない。オランダでは4カ月無得点を続けたFWがシーズン終了までに21点も取ったケースもある」と、全く心配していない。」

日本には4ヶ月無得点を続けたFWがシーズン終了までに1点も取れなかったケースもあるとかないとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

米山復帰間近?

DF米山、1ヶ月ぶり実戦で全開宣言(日刊)
やっとこさ、という感じでしょうか。神戸戦での復帰もありそうな予感です。広島戦あたりからDFラインがちょっとアレなんで米山復帰は朗報ですね。

明るい話題をもうひとつ
長谷川、吉田、青山がU-20代表候補のトレーニングキャンプに選ばれています。ナビスコカップで試合経験をつんだおかげでしょうか?A代表のスタッフにとっては名古屋は日本ではないという認識のようですが、ユース世代では名古屋はちゃんと日本国内にあると思われているようです。いや、よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/14

ここですよ☆

大宮1-0名古屋

【問】あなたが応援しているサッカークラブが4連勝で首位にたった後連敗。しかも最下位のクラブに手も足も出ずに負けてしまいました。さて、あなたならどうしますか?

(1)酒飲んで寝る
(2)「まだ4勝2敗じゃん。次だ、次」と気持ちを切り替える
(3)敗因を冷静に分析し掲示板などに投稿する
(4)特に何もしない
(5)仕事中にこっそり速報サイトを見ていたが、カッっとなって携帯を叩きつける
(6)とりあえず仕事を続けるがイライラして当然仕事にはならず、定時になったらさっさと帰宅する
(7)帰りの電車の中でBJの「イエスタデイをうたって」を読みながら「話が全然進展しねーなw。あ、もうすぐ、というかやっと5巻発売じゃん」と独り言を言ってしまう
(8)帰宅して食事後「蹴る群れ」をじっくり読む
(9)そうこうする内に大宮戦のことはすっかり忘れ・・・てねーよ、コン畜生ッ!!!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/04/11

雨のカシマはヤバイゼ

鹿島2-1名古屋
カシマスタジアム20連敗という不滅の大記録を達成!中位力は真似できてもコレは真似できまい。
・・・で、この大記録を生で観るはずだったのだが帰りの夜行バスのチケットまで押さえておきながら風邪で断念。駅まで行きながらそのままUターン。この借り(?)はリーグ戦で返す。
と言うワケでTV観戦。鹿島の引きっぷりに笑ってしまったが笑っている間に2点取られた。例によってサイドの裏をつかれての失点。DFとGKの経験不足も原因かな?生で見たナビスコホーム甲府戦よりは良かったと思う。少なくとも控えメンバー(はっきり言ってサテライト)ながらリーグ戦と同じポゼッション→サイドを起点に攻撃という形はできていた。チームとしての戦術が徹底されている証でもある。
あくまでもTVでの感想だが、杉本、玉田、本田は普通に良かったと思う。逆に津田、須藤はちょっと厳しいかな・・・。長谷川も経験不足。1点目はなんとかして欲しかった。吉田は連携の面で難あるも競り合いでは負けていなかったと思う。金古はちょっと保留。巻はFWらしいゴールだった。
まあ、しかし鹿島は勝ち点3以外は何の収穫も無い試合だったな。負けながらそれなりの収穫があったウチとは大違いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/07

リーグ戦では久しぶりの敗戦

名古屋2-3広島
リーグ戦に限れば昨年の10/21小瀬の甲府戦以来だったりする。悔しいっちゃ悔しいがケガ人続出だった開幕5試合を4勝1敗で終えたと思えば出来過ぎといえなくも無い。願わくばこのペースが続かんことを。

「ちゃんとしたFW」が二人もいるチームとの対戦は今シーズン初めてだったワケだが名古屋のウィークポイントとも言える両サイドの裏のスペースをうまいこと使われたな、という感じ。前半は広島のあまりのヘタレっぷりに何点取れるか分かんねぇ、と気楽に構えていたのだが、終わってみれば広島の作戦勝ち。
2-1までは名古屋のペースだったと思うが、そこから攻守ともに雑に見えたのは筆者のだけか?あんなにバタバタした名古屋は今シーズン初めて見た。
杉本→玉田の交代についてはもう結果論でしかないので何とも言えない・・・。

2度リードしながら逆転負け、3失点というのは良くない負け方だとは思うけど、中盤でのポゼッション、2列目からの飛び出しなど戦い方のベクトルは全くブレていない。両サイドの裏への飛び出しに対する守備については修正の余地はあるが、悲観するような内容ではない。試合終了後の拍手が勝ち試合の時となんら変わらなかった事がそれを物語っている、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

ああ、ナビスコカップ

名古屋2-2新潟
GK長谷川にびっくらこいた。思わず仕事をブッチぎって瑞穂へ向かうところでしたわ。生で観ていないんでなんとも言えないんだけどあと5分くらい無失点でがんばってほしかった。ヨンセン下げてDF入れるっていう手はなかったのか?そういう選手交代はセフはあまりやった事なかったっけ?
色んな方の感想見ると悪くは無かったけど・・・という感じでしょうか?中盤5人衆+杉本が揃わないと苦戦しますね。ただ控えメンバーの底上げは着実に進んでいるような気がします。ナビスコカップ、予選突破はほぼ絶望的ではありますが最後まで意地を見せて欲しいところです。
・・・・・・例えカシマスタジアムでもな!

(メモ)
鹿島神宮21:20発→東京駅日本橋口23:20着
え?行くなんて言ってませんよ?そんな水曜日年休とって夜行バスで帰ってそのまま仕事なんて無謀なことするワケないじゃないですか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/04/02

月に群雲、花に風

楢﨑正剛選手のけがについて(公式)

・・・1ヵ月か。米山より長いのか。単純計算で28日の柏戦は無理。5月3日に大分戦か。こうなると櫛野の存在が大きい。昨日も安心して見ていられたので大崩れしないだろう。こうなるとナビスコ2試合で調整できるのが大きい。

楢﨑のケガといえば99年9月4日瑞穂でのセレッソ戦、セレッソDF蔵田茂樹の意図的としか思えないひじ打ち(腕を下から上に振り上げており、ゴール前での競り合いとは言えあまりにも悪質だった。ただしこの時は主審が見逃しファールも獲られず。本来なら一発退場でもおかしくなかった)で下アゴを骨折させられた時や一昨年の最終戦を思い出してしまう。代表の試合でもケガしていたな。GKとは因果な商売である。

ただ今までも楢﨑負傷の度に控えのGKが活躍しチームを支えてきた。今回も櫛野に期待しよう。横浜FC見る限りは十分やっていけると思う。

・・・しかし、米山といい櫛野といい金古といい今年のフロントは先見の明があるなあ。トヨタに予言者でもいるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

首位か?首位なのか?

横浜FC1-2名古屋

三ツ沢に来たのは10年ぶりぐらい。ゴール裏は初めて。うわ、めっちゃ見やすいじゃん。ピッチまで近くて角度と高さがあるので本当に見やすい。三ツ沢上町駅降りてからのスタジアムまでの登りの坂道には閉口したが。屋根が無いので雨天時は厳しいな。晴れてよかった。

試合は・・・10分で楢﨑が負傷退場するというアクシデント。前半で負傷者が出て、後半に2点取るという勝ちパターンはもう勘弁してください。

横浜が前に出るわけでもなく引くでもなく、という状態だったので高い位置でプレスをかける前にボールが奪えてしまうので自陣でボールを回さざるを得ない状態だった。甲府戦や新潟戦よりやりにくかったかも知れない。失点するならセットプレイしかないだろうな、と思っていたらホントにセットプレイから失点してやんの。直志がハンドしていたからゴールが決まって良かった。退場よりはマシ。

で、その直後に増川キャノンにヨンセンばりのヘディングで杉本が同点ゴール。さらに2分後には杉本のクロス→ヨンセンスルー→山口ゴールであっさり逆転。ミスキックっぽかったが結果的にGKの逆をつく事ができた。杉本は4試合連続アシスト。山口は以前に比べはるかに積極的になっている。攻守に一切サボらず走り回る姿は『高機動型明神』(今名付けた)である。少しは見習え>須藤。

終了間際に大ピンチを招いたが、これをしのぎ4連勝で首位キープ・・・3節連続首位ってクラブ史上初めてじゃないだろーなw。

続きを読む "首位か?首位なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »