« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/27

逆襲の楢﨑

楢﨑選手、本田選手、日本代表選出のお知らせ(公式)

【楢﨑選手コメント】
「今回、日本代表に選ばれて(昨年ラスト6試合で2失点、今年は開幕から3試合無失点で、絶好調やったのに完全に無視しておいて、なに今さら選んどんねん。そもそもGKは若手に切り替えるんちゃうんかい。川口と二人同時に選んでも意味ないやろ。今さら紅白戦要員やったら怒るで。いや、ホンマ何考えとるか分からんわ。こんな選考基準に)とても驚いています。普段通り良いプレイ(っつっても大げさに飛んだり跳ねたりするのが良いプレイと思ってるやろ。そうやない、安定感のあるホンマモンのGKの動きっちゅうもんをアンタらに見せつけること)ができるように、頑張っていきたいと思います。

( )内は筆者が独自に補足

・・・とりあえず金曜日は定時退勤決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモを捨てた本田が悪い(笑)

名古屋試合中に禁止のメモ渡し(日刊)
これ、スタジアムではさっぱり分からなかった。ファールとかあったワケでなくなんか怪しい判定があったワケでもないのになぜかセフと主審が言い合っていて、このまま退席になるんじゃないかという雰囲気だった。そうか試合中にメモを回していたのか。
ルールとしては明確に違反行為として明文化されていないが、リーグとして禁止という通達は回っていたらしい。セフは「25年間やってきた」ということなので欧州のリーグでは禁止ではないのだろう。個人的にはこういうやり方も面白いと思うけど、内規とはいえ違反は違反なので次回からはやらないようにすべきだろうな。

ああ、そういえば筆者も中学の授業中とかメモを回してたなあ。縦横に線を引いて五目並べとかね。授業中に五目並べのリーグ戦とかやってたな。校則では違反行為として明文化されていなかったけど、授業中という観点から禁止の通達(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

味スタ初勝利

0-1名古屋
「味の素スタジアム」となってからは初勝利。またひとつ鬼門が減ったな。筆者もアウェー東京戦の勝利を生で観たのは初めてだったりする。
さて試合の方は4-4-2でスタート。阿部-吉田-米山-大森という最終ラインだが正直予想以上だった。特に阿部、吉田のデキが良かった。東京は外国人3トップという反則技だったがこわいのはルーカスだけ。ワンチョペに至っては吉田が完全に抑え込んでしまう。ルーキーのDFに完敗する代表FWってどうよ。
前半はルーカス?のポスト直撃とCK以外はピンチらしいピンチはなし。名古屋はやや中でプレイするようになった本田、やや前でプレイするようなった藤田、やや後ろでプレイするようになった山口とマイナーチェンジした中盤でボールを支配する。そんな中からヨンセンのゴールが生まれる。いや、この時、東京DFが全く動いていなくて笑った。そらゴールできるわ。
後半さすがにワンチョペを引っ込め本気をだしてきた東京。やや押し込まれる展開が続く。これを救ったのが俺達の楢﨑。再三ピンチを防ぎ味方を鼓舞する。名古屋もカウンターで応酬。そしてついに……杉本の足が攣る!いつもより10分早い!これはこれで勝ちパターンなのか?さらに東京が福西を引っ込めることにより勝利フラグが立つ。いやあ名古屋相手に福西を下げちゃいかんよ>原さん。
あとはお約束の杉本→片山。その片山はカウンターからGKと1対1になりながらシュートがわずかに外れポストへ。これが入っていればかなり楽だったんだけどね。残り15分くらいからは竹内を入れて、どうみても最終ラインに5人並ぶ5バック状態。あれはあれでセフの指示か(笑)。最後の最後で大ピンチがあったがこれも防ぎ今季6度めの無失点勝利。
攻撃がやや単調なのとゴール前での精度が足りないなど課題はまだまだあるが、連敗を避けきっちり勝ち点3取れたのは大きいな。2週空いていよいよ川崎、ガンバという魔の2連戦だ。勝負の月だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

前売り1600円かよ

「まず最初になぎら健壱におめでとうと言いたい」
・・・いやそれはどうでも良くて、筆者の記憶に間違いがなければ「味の素」になってから1回も勝っていないはず。さらに筆者がアウェー東京戦で終電の都合で試合途中で帰った試合は全て負けているというジンクスもある。とりあえず明日は最後まで観戦する予定なので、勝ち点3を期待する。
小瀬で初めて勝ったり、横浜国際で9年ぶりに勝ったり、豊田で浦和に負けたり、今年は何か見えない力が働いているので明日は味の素初勝利フラグが立っているような気がする。心配がひとつ。そろそろ主審がi(ry

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/24

俺たちの楢﨑

楢﨑、再三のピンチとPK止めた(中スポ)
不可解なPK判定に、名古屋グランパスのセフ・フェルフォーセン監督(60)がピッチに入り込んで猛抗議した。0-0の後半21分。興奮する指揮官を視界にとらえても楢崎は冷静だった。  
「あれはPKじゃない。あのレフェリーはいつもやる。だから、すぐに割り切れた」

あのレフェリー=柏原’SR’丈二
堂々と主審を批判するとはさすが漢・楢﨑。そこにシビれる!あこがれるゥ!
てゆうかピッチに入って猛抗議ってよく退席処分ならなかったな。
それにしても改めて中盤を見てみると、中村、吉村、須藤、小川。これでは点が取れるほうが不思議。0-0も当然か。

90フル出場して復活をアピールした渡邊がU-22代表選出。がんばれ。こうなるとA代表の方に本田が呼ばれないかな?
・・・あ、筆者の鞄の中になぜかエコパの代表戦のチケットが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

・・・忘れてた

新潟0-0名古屋
トホ電でナビスコカップの試合があった・・・らしい。筆者は素で忘れてました。数字だけ見るとかなりグダグダっぽいがまあいいや。渡邊が復帰していたり、小川がフル出場していたり、本田&橋本の星稜2トップが見られたり、楢﨑がPK止めたりと、ネタはそれなりにあったようです。無得点はメンバーみれば当然の結果なのでまあどうでもいいや。
・・・しかし2年連続ナビスコカップで無勝利て。一昔前はベスト4の常連だったのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

悔しい悔しい悔しい

名古屋1-2浦和
世の中には休日出勤というのがあってだな(ry
そういうワケで結果を知ってからのビデオ観戦。まあ普通に力負けか。ヨンセンのゴールなんか完璧な流れの中からのゴールなんだけど、サッカーってゴールのカッコよさを競う競技じゃないのよ。2失点目ワシントンに見事に決められたけど名古屋の選手だったらシュートよりフリーの選手探してパスして奪われるか焦ってシュートして枠の上。上位のチームの中で得点が少ないのもそのせいでしょうかね?
結果的に2失点にからんでしまった吉田麻也。泣いて悔しがれ。そしてレギュラーと代表の座を奪い取れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/16

ブレ球ってレベルじゃねーぞ

ヒマなんで香港戦見てた。
・・・物理的に有り得ねぇ。ブレ球ってGKの手前で揺れるものだと思ってた。サッカーボールってあんな風に横に変化するのか? 「>」って曲がったぞ「>」って。まさかゴ○ゴ13が狙撃してボールの軌道を変化させたんじゃないだろうなw。
これを浦和戦で浦和サポの目の前で決めて浦和サポがシーーーーーーンとなったら気分爽快だろうなぁ。頼んだぞ本田君。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

ケータの鼓動

杉本恵太選手、日本代表選出のお知らせ
いや名古屋サポとして、19番のレプリカを持つ者として素直に嬉しいよ。嬉しいんだけどさ。なんか「たまたま観に行った試合で、たまたま活躍した若い選手をランダムに選出している」としか思えんのだよな。まあ前監督のように完全固定制よりはマシだけどさ。A契約になりたての選手が選ばれたり日本一のGKが選ばれなかったり世の中不思議だよねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/12

三ツ沢に続いて日産でも勝利ぃ!

横浜0-2名古屋
横浜国際での勝利は9年ぶり、前回はW杯直前の試合で平野やら城が試合後にあいさつしてたような気がする。ってそれ以来かよ。ちなみにアウェーで「F」マリノスに勝ったのは初めてらしい。
仕事が終わったのが14時直前だったので、F-22Aラプターに乗らない限り間に合わないので結局TV観戦。画面ではよく分からなかったがどうも4-4-2のようだ。ゴール裏から観ることができれば守り方とか分かったのだが。無念。
好調横浜らしく前半から厳しいプレス。名古屋はこれを4バックでうまくかわす。おお、いいじゃん吉田。磐田戦でも安定したできだったが今回も高さをいかして競り勝つことが多い。安定している。左は本田と阿部が、右はジョンウと大森がバランスよく守っている。中央は藤田と慶が献身的な動きを見せ、本田はサイドに張ることなく中央で的確に前にパスをだす。で、先制点は名古屋。ヨンセン、ジョンウが頭でつないだボールを杉本がうまく拾い代表DF様をうまくかわしてシュート。おされ気味の中で貴重な先制点。杉本はこの日は大活躍。横浜最終ラインがかなり対応にてこずっていたようだ。4-4-2がなんとか機能し前半は1-0で終了。ただ危ないシーンもあり後半も苦しむ予感。
で、予感が早速当たる。相手選手をPA内で押し倒したような形になりPK。「あ~あ、これで1-1か。このあとまたCKから失点してズルズルとうおおおお!楢﨑ぃぃぃぃっ!」。結果的にこのPK阻止が大きくもの言う。ラインをやや低めに設定した名古屋に対し横浜の攻撃が次第に単調に。選手交代でも流れを変えられず。逆に名古屋は杉本の代わりにFWに入った片山が活躍。阿部の絶妙なパスをしっかりと蹴り込みリーグ戦初ゴールは貴重な追加点。これでほぼ決まった。横浜はCKが8本もありながらノーゴール。横浜国際=日産スタでは9年ぶりの勝利で連敗ストップ。阿部や片山といった微妙な立場の選手の気迫あふれるプレイが見られたのは素直に嬉しい。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/09

あやまれ!ナビスコにあやまれ!

名古屋1-4鹿島
本日仕事のため観戦できず。速報サイトでまず結果を見て
「あ~あ、今日は若手中心のメンバーだしな。GK長谷川でCBが竹内、吉田、阿部じゃあ4失点もしょうがないかな~」
と思ってメンバー見た。
・・・
・・・・・・
このメンバーで4失点ということは単純に名古屋は弱いというワケね。
スピラールが復帰するまではセットプレイのたびに失点せんとあかんのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

GWは勝ち点0

磐田1-0名古屋

試合の感想書こうと思ったらこの人が同じようなこと書いてた。監督も試合の感想を言うのが精一杯か。

やってるサッカーそのものは連勝中と同じ。ただ相手に研究されてヨンセン、藤田へのマークが厳しくなっている。そのためスピードがやや落ち、相手に対処する余裕を与え結果的にクロスやシュートの精度が落ちている。じゃあどうするか、って話だがシステムは現行のままでいい。もうちょっとスピード上げて、もうちょっと精度上げて、もうちょっと思い切り良くやれば多分なんとかなる。まあ、それが難しいんだけど。

収穫はなくはない。楢﨑の復帰と吉田の予想外の活躍。吉田は本田がカバーしていたとは言え守備は及第点。もっとも磐田に変態FWがいなかったことも大きいけど。ナビスコでも経験積ませてやりたいな。

しかしなあ、休日出勤を色々調整してGW3試合とも見たけど・・・3試合それぞれ違った負けっぷりを見せられて素で泣けるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

「雑だな」「・・・え?」「戦い方が雑だと言ったんだ」

名古屋1-2大分

この試合、評価に値しないので一言だけ

今日、この試合内容で入場料を取ることが詐欺にも匹敵する恥ずかしい事だと選手、監督に自覚して欲しい

以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »