« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

タイトルにちょっと近づいた

京都1-2名古屋

諸事情により西京極競技場到着が14時ちょい過ぎ。スタンドに上がってみれば目の前には京都の選手の喜ぶ姿。

???

ありのまま今起こった事を話してもらったので、状況は分かったがまあ名古屋らしいというかなんというか。

まあ、相手はほとんどベストメンバー。ウチは控え主体。このあとも厳しいかな、と思いつつ見ていたのだが・・・普通にウチのサッカーやっとる。唯一左SBの佐藤は初出場だけあって動きが今イチだったが、深井は一人で突破するし、誰もパスくれないし、相手は思いっきり左狙ってくるし、まあしょうがないかなと。後半は結構オーバーラップして攻撃的なプレイができたし阿部のサブとして期待できそうだ。

前半は0-1で終了。急にボールが来たわけでもなく、余裕でフリーで打ったシュートを外してくれたFWのおかげで失点は0分のゴールのみ。「ウチのサッカーできてる。別に修正するトコはない。ゴールは時間の問題」と友人たちと意見が一致。逆転勝ちの気配もしなかった去年とはえらい違いやね。

さて後半、ベンチでアップする津田。「ここでFW津田は当然だな。米山か吉村か・・・って三木かよ!」あえてCBに代えてFW津田投入。米山をCBにして4バック。。「増川が二人いるようなもんだよな」「いやむしろ米山が二人」。どっちにしても不安定感抜群の最終ラインw。同じタイミングで京都も選手交代、中山に代えてDF森岡。

「守るんかいっ」と友人一同京都に突っ込み。名古屋だったら1-0リードしてたらFW投入だよなぁ。攻める名古屋に守ってカウンターの京都という図式が出来上がる。攻めてはいるんだが中盤でボールを回そうとするたびにシジクレイにボールを奪われる。「またシジクレイかよ」「シジクレイ何人いるんだ」「てゆうか他の選手いないのかよ」

さてここから若手タイム。新川に続き花井登場にゴール裏最高潮。そして85分、ミスターナビスコ巻が同点ゴール。さらにロスタイム、花井の絶妙のスルーパスから津田が逆転ゴール!!!もうこの辺興奮しまくりで覚えてねえ。あまりにも劇的な展開で祝☆決勝トーナメント進出。

| | トラックバック (0)

2008/05/25

国立へ行けそうな気がしてきた

名古屋4-2浦和

1.5軍ぐらいの名古屋と1.8軍ぐらいの浦和との対決。浦和は主力不在、ポンテ復帰も無く高校生がベンチ入りと名古屋以上の大幅な戦力ダウン。とはいえ天敵田中達也にはしっかり決められましたが。

もっとも名古屋の1.5軍は1軍に匹敵する力はありますが。これは選手層が厚いというよりは各ポジションでの役割がはっきり決まっているからという気がする。

ヨンセン、玉田の2トップの代わりは巻、杉本。この二人がしっかり結果を出し前半だけで3ゴール。巻に至っては「中の人はヨンセンだろ」というぐらいの活躍。小川、マギヌンもつねにゴールにからむ活躍。早い時間の2ゴールで勢いを生んだ。

後半苦しい時間をクロスバー・ポストビッチとともに切り抜け、久々登場の津田がゴール。4ゴールはいずれもビューティフルでグレイトでファンタスティックでエレガンテなゴール。

ああ、そうか。代表の試合が物足りないのはこういうDFまでもがちゃんと攻撃の組み立てに参加して流れるような展開から生まれるゴールがないからなんだな。

これでAグループ首位キープ。早ければ次週には決勝T進出が決まる。鹿島、ガンバとは決勝まで当たらないのでこのままの勢いなら国立まで行けるかもしれない。

・・・2日連続の豊スタ名古屋祭りに参加できなかった筆者涙目orz。

| | トラックバック (0)

2008/05/24

前座試合

明日のナビスコカップ名古屋-浦和戦の前座試合が豊スタで開催。楢﨑が先発だったので筆者的にAマッチと認定。

「豊田スタジアム初の代表戦」と盛り上がったのはいいけど可動式屋根があるのに雨がどしゃ降りというシュールなシーンが全国放送され関係者涙目。

試合のほうは地元豊田で楢﨑、玉田の活躍という名古屋サポにとっては最高の展開。なんだが代表サポの方はどーだろーか?松井、長谷部がフィットすればもう少し面白くなりそうだけど・・・。なんであんなに攻め急ぐんだろうねえ?人数足りてないのに。2~3人の個人技だけで点取れるんならそれでもいいけど。もうちょっと攻撃に人数かけて、サイドチェンジを多用して、サイドから崩すとか・・・なんか4-4-2に思えないんだよなあ。

| | トラックバック (0)

2008/05/22

ビッグになって帰って来い

青山隼選手、セレッソ大阪移籍のお知らせ(公式)

全名古屋サポの期待を受け入団

  ↓

U-20代表で活躍

  ↓

クラブでは出場機会に恵まれず

  ↓

ピクシー監督の下、右SBに挑戦

  ↓

アウェー浦和戦に出場。今後の活躍に期待も・・・

  ↓

出場機会を失いセレッソへレンタル移籍 ← 今ここ

  ↓

セレッソでレギュラー獲得

  ↓

最終戦ロスタイムのゴールでセレッソJ1昇格

  ↓

名古屋復帰

  ↓

FW花井、MF青山、DF吉田らの活躍で首位独走

  ↓

リーグ最終戦、後半ロスタイム、吉田がクリアしたボールを青山が受けてドリブルからミドルシュート、GK川□が前にこぼしたボールを花井が押し込み逆転ゴール。名古屋念願の初優s

・・・きっと帰ってこいよぉぉぉ

| | トラックバック (0)

2008/05/17

北の大地で250勝目

1-3名古屋

金曜日まで横浜で研修だったことをいいことにそのまま北斗星で北上。久しぶりの北海道、そして札幌ドーム初体験。なんか不思議な空間だった。あれがどう変形すると野球場になるのだろうか、気になって夜も眠れませんでした。

0517_1_2

さて試合。札幌が中盤で網をはり名古屋のパスミスを誘う。奪ったボールはさっさとクライトンに預けてそのあとはダヴィ任せという実に分かりやすい展開。なんだがこれに結構苦しめられた。クライトンっていい選手じゃねーかw。

先制点は札幌。宮沢のJ初ゴール。相変わらず新人選手へのプレゼントが好きだな、ウチは。前半はボールは持てたが札幌の守備の堅さに好機作れず無得点。神戸戦の時も思ったけどこういう時にセットプレイで点を取れると楽なんだが・・・。

後半、開始5分でマギヌンの値千金のゴール。あれ?カニダンスは?ここから名古屋ペースで進むものの時折カウンターからピンチを招く。1対1のピンチを防いだ楢﨑は今日も神。だんだん札幌の足が止まり始め、杉本投入した名古屋のサイド攻撃が効いてくる。その杉本が相手GKのクリアミスのボールを拾ってクロス。玉田がこれを押し込み逆転。

これ現場で見てたらよく分からんかった。あとでビデオで見たら右足のヒールで押し込んでる!こりゃ見事だわ。さらに杉本が倒されて得たPKをヨンセンが決め3点目。これで勝負あり。ついに北海道で初勝利!リーグ通算250勝目!!

結構苦しい試合だったが後半になってよりシンプルに積極的になり、個人に力の差が出たのが大きいかと。これで逆転勝ちは3試合目。先制されたらショボ~ンの去年とはえらい違いだ。順位も2位。勝ち点は26。この勢いでナビスコ予選突破だ。

※優勝(もしくはステージ優勝)経験のないクラブが通算250勝したのは初。中位力もこうなるとバカにはできないなw

※厚別、札幌ドームあわせて北海道で初勝利。またひとつ鬼門が消える。あとは・・・あとは・・・

※筆者の野望である「W杯会場で名古屋の試合観戦」なんだが、これでまたひとつ制覇。あとは大分と・・・宮城か・・・宮城ねぇ・・・

※駅ビルにあったラーメン共和国でラーメン屋のハシゴ。某店で1.5センチ厚のチャーシューが3枚のっててビビッた。

※六花亭のマルセイバターサンド、賞味期限1週間なんで買ってもお渡しできないんですよ。スマソ。

| | トラックバック (0)

2008/05/15

代表

楢﨑、玉田日本代表選出(公式)

楢﨑のコメント :代表に選ばれて嬉しいです。普段から戦い慣れた地元でゲームができるので、とても楽しみです(つーかオレを使えっちゅうねん。無失点に抑えたるわ)。

玉田のコメント: 名古屋サポーターも沢山応援に来てくれると思いますので、良いプレーをしてチームにも良い影響を与えられるように頑張ります(だからオレを使えって)

吉田選手U-23代表選出(公式)

吉田のコメント: 世界と戦える貴重な時間を無駄にしないように、一生懸命頑張ってきます(よし、リアルでボンジュールだ)。

( )内は筆者が想像により補足しました

| | トラックバック (0)

2008/05/10

凡戦、わはは

名古屋0-0神戸

寒い中、笑っちゃうような(実際は笑う気も無かったが)凡戦。

神戸の方は主力が何人かいなかったようなのでともかく、名古屋までお付き合いすることもなかろうに。ま、勝ち点もらえただけでもマシか。

あ、沢入さんが初采配の試合で勝つことはJリーグ1年目に流血のゴールを決めた時から分かっていました(by佐藤藍子)

| | トラックバック (0)

2008/05/09

ち、千葉ぁ・・・

千葉、ミラー体制始動

「ミラー氏の強い要望で、深く信頼されている沢入氏をヘッドコーチとして招き」

・・・だ、大丈夫か、千葉

まあ、名古屋サポとしてはJで沢入監督を見たかったんでこれはこれで千葉GJだ。

| | トラックバック (0)

2008/05/06

楢﨑吼えて連敗ストップ

0-1名古屋

「まず最初にPKを外した近藤選手にありがt(ry」

玉田欠場を受けヨンセン1トップの4-2-3-1。右サイドにバキ、トップ下にマギヌンという布陣。うまくいったといえばうまくいったしバキ、マギヌンが今イチだったといえばいえば今イチかも。んでも無失点だったんだからよしとしますか。

前半17分に杉本の先制ゴール。なんかミスキックに見えなくも無いしGK触ってなければ外れたような気もしなくもないが、その前のパス回しは秀逸だったしサッカーの神様のプレゼントって事で。

後半、東京におされ気味になってきたところで米山投入。中盤の底あたりで相手攻撃を潰す役目。米山の有効利用を見た。

80分。東京の早いリスタートについていけず、飛び出したカボレが楢﨑をかわせばいいのに楢﨑と接触して転倒。PK献上。これをナラザキフィールド発動でボールは「クロスばあさん」直撃。終了間際の至近距離のシュートを連続神セーブ。試合終了後、吼える楢﨑に日本一GKの誇りを見た。4失点でふてくされる某(ry

全体的には東京V戦が底で少しずつ上がってきている。戦術にブレがないからこういう勝ち方もできるんだろうな。もうしばらく上位に踏みとどまれそう。

| | トラックバック (0)

2008/05/03

Grampus Weekがはじまりません

名古屋1-2G大阪

バレー、ルーカス、播戸と名古屋の天敵ばかりを並べた3トップ。対して名古屋は控えは杉本、藤田以外は守備的な選手ばかり。結局試合前の不安が的中してしまうのだが。

・相変わらず名古屋のサッカーはブレはなし。なんだけど悪く言えばワンパターン。サイド攻撃を徹底するのも良いが、もう少し工夫が欲しい。

・そんな中で小川のミドルシュートはパーフェクト。流れを変えることができるこういう飛び道具がもっとないと今後も苦しい。なあ、直志。

・ガンバはさすがにお疲れモード。自慢の両サイドも上がらず、遠藤、橋本、二川というJ屈指の中盤をスルーして前線へ放り込み一辺倒。

・なぜかマギヌン、ヨンセンへのマークもゆるゆる。

・戦術にブレがなくても1対1で負けたり単純なミスが出ては勝てる試合も勝てない。

・玉田→杉本は玉田のケガらしいのでしようがないとしても、まだ63分なのにマギヌン→米山でなぜ守りにはいる?その直後にマークミスで失点してるし。

・吉村→藤田もなあ。バキをサイドにするぐらいなら吉村→増川としてバキを前にあげて吉田も上げてパワープレイに持ち込んだ方が良かったんじゃないの?そもそもベンチに攻撃のオプションがなさすぎ。

・34000人も集まったんだからせめて同点にしてほしかった。

・たまにはゴールデンウィークにホームで勝ちましょうよ。

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »