« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/27

おーいお茶吹いた

阿部選手、日本代表候補追加召集のお知らせ(公式)

いや、その、なんていうか、サ、サポーターの心の準備ができていないのに呼ぶなよ(意味不明)。

ベ、別に名古屋から4人も選ばれて嬉しいワケじゃないからね。か、勘違いしないでよね!

| | トラックバック (0)

2008/07/26

文字通り熱闘

川崎1-1名古屋

……イベント盛り上がりすぎ。グランパス君の登場時拍手多すぎ。YMCA踊りすぎ。そりゃ20000人も入るわなあ。名古屋も少しは真似……はとてもじゃないけど無理なので少しずつ地道に行きましょう。

さて、試合。ヴィトールジュニオールは反則。あんなん止めれるか。これにジュニーニョと中村憲剛がからむんだから中盤はもうどうしようもない。逆にサイドは名古屋の方が少し良かったので川崎ペースの中でもチャンスは作ることができた。

先制点は名古屋。カウンターからマギヌンのゴール。川崎の勢いを止める意味でも大きな1点だった。その後も推されっぱなしだが調子を上げてきたバヤリッツァと増川、楢﨑が大健闘しギリギリのところで失点を許さない。逆に言えば中盤がやられっぱなしと言えるんだけど。なんとか互角の展開に持ち込みハーフタイム。

後半開始10分を抑えきればあとは……と思った矢先に失点。楢﨑がいったんははじき返したもののこぼれ球がフリーのヴィトールへのパスになってしまいにゴールを許す。ヴィトールに付ききれなかった中盤の責任といえば責任なんだが……。ここらへんが勝つチームと勝ちきれないチームの差なのだろう。

試合はこの後壮絶な消耗戦に入る。同じタイミングで我那覇を入れた川崎。米山を入れた名古屋。川崎の方が先に足がとまり同点に追いついたあとぐらいから動きが落ちていた。名古屋としては攻め時。しかし玉田に代えて杉本を入れたためFWは2人のまま。3人目はマギヌン→山口。いや下げるなら完全に足が止まった小川で、入れるなら巻でしょ?ここまできて引き分けねらいの采配にはちょっとショック。

セオリー的にはなんら間違っていないし、結果的に引き分けに終わったことで勝ち点1を取れたし川崎に勝ち点3を与えなかったことから正しかったのだろう。それでもなんかモヤモヤが残る選手交代だった。

最後は両チームとも足が止まってかなり雑な展開になったがこの暑さではしょうがないだろう。惜しむらくは後半のチャンスを確実に決められなかったことか。試合としては最後まで面白い展開だった。小川、直志のコンディションが心配だが逆にバヤリッツァの調子があがってきたのは頼もしいかも。ナビスコ千葉戦に期待だな。

それにしても……上位がグダグダしている間に大分が首位になるかも知れん……

| | トラックバック (0)

2008/07/24

U-23代表には楢﨑はいない

吉田のアレは名古屋サポにとっては毎試合1回は見ている光景なので別に何ともないが代表サポはマジでビビったろうな。ぶっちゃけあれが吉田です。名古屋では楢﨑がフォローしちゃうんですけどね。とりあえず親善試合でよかったね、と言う事で。

| | トラックバック (0)

2008/07/23

青ユニ小川

楢﨑選手、玉田選手、小川選手日本代表候補選出のお知らせ(公式)

楢﨑、玉田はまあ順当として、小川が初の選出。「まあ、ちょいと見てみるか」というレベルでの召集だとは思うが本人にとってはいい経験になるだろう。

まずは代表の雰囲気(なぜか変換・・・できる)を味わって、自分をアピールして、名古屋に戻ったら代表で教わった事はスパっと忘れて、また名古屋でガンバってくれれば良し。

| | トラックバック (0)

2008/07/21

なんかスマンね、大宮さん

名古屋4-0大宮

毎年夏の大宮戦は大差でバカ勝ちしてしまうのはなぜだろう?大宮に恨みがあるワケでは……あ、3年前アウェーで逆転負けくらってJ2降格半歩手前まで行った時があったな。そうか、あの時の恨みをずっと覚えているってワケやね。

19時になってもクソ暑い中でキックオフ。同じような布陣でがっぷり4つ。相変わらず空いているDFとMFの間を狙われ厳しい試合になる……かと思われたが大宮も同じ弱点が。16分中央から崩し小川のクロスに吉村の完璧なシュート。ああ、リーグ戦で吉村のゴール初めて見た……。ここから徐々に名古屋ペース。やはり中村、吉村のコンビは安定している。

28分には左から中村FK。増川、ヨンセンとつなぎ最後はマギヌンが押し込み2点目。大宮はゾーンで守っていたためやや後方にいたマギヌンがフリーで……ってコレもどこかで見た光景だな。なんだ大宮の弱点って名古屋と同じじゃんw。

後半、大宮はラフリッチと斉藤投入。おーあれがラフリッチか、増川と並ぶとデカく見えねえ。とか何とか言っているうちに48分ヨンセンのゴールで3点目。とことん名古屋の真似をする大宮。こうなればさすがに安心して見ていられる名古屋。米山が入っても安心安心。

75分過ぎると杉本、花井を投入。「花井が何かやってくれそうな予感がするなー」と友人たちに残して筆者はここで退場。終了間際「大宮いじめの筆頭」杉本がゴール。アシストは花井。あ~見たかったな。後半見たのは小川の宇宙開発ばかりだったからなあ。

終わってみれば4-0と毎年恒例の夏祭り。点差ほどの差があったとも思えないが暑い中でも運動量は落ちず、パスサッカーを見せることができた。連敗を防ぎ勝ち点は30点台にできたので良しとしよう。楽しい夏になりそうだ。

最後に。弊ブログではダメな審判はとことん叩くが、それだけではフェアではない。この試合の主審、佐藤隆治氏は全体的にほとんど目立たず、あまり流れを切らずストレスなく見ることができた。カードも適切。この試合に関してはよかったと思う(Jリーグ2年目の若い主審。新潟-京都戦では色々やっちゃった人)

| | トラックバック (0)

2008/07/14

マヤ・・・おそろしい子

今まで選ばれることなく、今年になって急に呼ばれ、いつの間にか試合にも出るようになって、今度はダメかもと思いつつ毎回選ばれ、予選で活躍した青山をはじき出した吉田マヤ19歳。

もちかしてウチらが思っているよりスゴイ選手なのかも知れない。

吉田麻也「第29回オリンピック競技大会」日本代表選出のお知らせ(公式)

| | トラックバック (0)

2008/07/12

瑞穂は暑くて熱かった

名古屋1-0

瑞穂は暑かった。No Uchiwa,No Life!今日のMVPは団扇だろjk。

さて試合。……前半は泣きたくなった。フランサを中心に積極的なポジションチェンジと運動量で中盤を圧倒され、ほとんど何もできない名古屋。真中もサイドも封じられ単発の攻撃が精一杯。どフリーで放たれたフランサのシュートが外れたのが奇跡に思えた。名古屋を研究してきたというよりは、完全に力負け。選手のコンディションは悪くない。吉田も藤田も悪くない。にもかかわらず防戦一方。前半無失点で終わってホッとした。

もっとも、この時点で5番フラグが立ってたんで密かに楽しみにはしていたんだがw。

後半、杉本投入したぐらいでは流れは変わらないだろうから、どこでマギヌンを……は?山口?正直に言えばこの時点で負けを覚悟した。中村の調子が悪かったとは言えここで山口?FW3人もベンチに入れながら、貴重な交代枠の一人が山口?

ぼーぜんとしつつも気を取り直しピッチも見てみれば柏の勢いが落ちている?フランサの運動量が落ち、それに合わせるかのように他の選手の運動量も落ちている。前半のようなプレッシャーがなく名古屋もボールを動かせるようになる。懸案の山口も効いている。機を見たミスターここでマギヌン投入すると早速期待に応える。も、マギヌンが小川のパスを受けた時にゴールを確信したね。クロスを受けたヨンセンが落ち着いて技ありの反転シュートで先制!

アレックスを投入した柏の反撃も楢﨑を中心にしのぎ、何度かあったピンチもゴールを割らせず。逆にチャンスでは小川のシュートが目立つがなぜか全部枠の上。変なスイッチが入ったゴール裏は柏のある選手がボールを持つ度にブーイング。その選手はパワープレイで前線に上がったら警告2枚目で退場(ちなみに柏のイエローはこの2枚のみ)。

ちょwwww古賀wwww。ダメだ。面白すぎる。

大爆笑につつまれつつ1-0で試合終了。本当に苦しかった試合で勝ち点3を取れたことは大きい。もう少し上位争いについあいましょうか。

| | トラックバック (0)

2008/07/07

JOMO CUPとかいう試合

楢﨑とヨンセンが選ばれた模様。名古屋から二人も選ばれたのになんか嬉しくないのは筆者だけか?

と思ったけど楢﨑が楽しそうなのでそれならそれでいいやw

| | トラックバック (0)

2008/07/05

ああ、イタリアン食べるの忘れた

新潟2-1名古屋

「みかづき」ってスタジアムの中(アウェー側)にはないんだな。入場する前に外の屋台で買っておくべきだった。無念、何しに新潟まで行ったのやら。

さて試合、試合。

最後の巻のヘディングシュートが決まっていたら評価はもう少し違ったかもしれないが……。引き分けで終わりたかった試合。運もあったとはいえ2失点目は余分だった。

前半はチャンス3回、ピンチ6回といったところか。新潟はカウンターでDFラインの前のスペースをついてくる。ここは全く改善されていない。いや中2日の疲れで体が着いていかなかったのかもしれない。前半終わった時点で「もー今日は引き分けでいいや」と筆者もテンションダウン。勝てる要素がないんだもん。

後半新潟先制。右からのクロスに対応できず、いつもの失点パターン。深井→杉本交代はハーフタイムでもよかったんちゃう?少なくとも左SHでは深井は使いにくい。ボールも持ったら真中へドリブルしか選択肢がないからなあ。

それでもCKから増川が押し込み同点。あとはベタ引きでいいよと思ったら玉田→巻、ヨンセン→米山。新潟に攻めさせて引いてカウンターから速攻か……と思ったらそうでもない。しかも米山効いてへん。1~2回あったチャンスもモノにすることができず「この展開で引き分けならOKだよな」と思っていたらドサクサ紛れに押し込まれ1-2。

結局疲れもあって力負け。多少運もなかったと思うけど鹿島に0-4、千葉に1-0、新潟に1-2と今の名古屋の実力がそのまま表れたという感じ。なんで吉田使わなかったんだろう?増川とバキじゃどうもCBとしては守備が軽いように思えるんだが。

ただ戦術にブレがないのが良くも悪くも去年との違い。マギヌンが戻って阿部と竹内が調子を取り戻せばまた違ってくるだろう、とポジっておく。

ついでに

急行「きたぐに」は自由席は減光しない(一晩中車内が明るい)。しかも583系なのでボックスシート。とてもじゃないが寝られない。来年からは別ルートを考えよ……

| | トラックバック (0)

2008/07/01

北京への最終関門

吉田麻也U-23代表候補選出(公式)

最後の関門になるのかな。連携重視のDFラインに途中から割り込んでここまで残ったんだから監督の期待の大きさは推して知るべし。今の名古屋は吉田抜きの最終ラインは考えらず吉田抜きのリーグ戦は厳しいが、経験を積んで帰ってきてくれれば名古屋にとっても財産になるはず。ここは快く送り出してあげよう。だから最後までカンバレ。あ、豊田もオメ。

さて明日はナビスコカップ準々決勝。アウェーゴールなんちゃらを考えると0-0の引き分けは避けたい。早い時間帯で1点とって楽にいきたいところだ。予選と違ってリーグ戦と同じメンバーで行きそう。中村と竹内が万全ならよいがそうでなければあまり無理はしてほしくないが……。とは言え二人がいないとどうなるか、土曜日に証明しちゃったからなあ。

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »