« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

そして決戦の地へ

名古屋3-1

負ければ優勝は消えACLも厳しくなるホーム最終戦。去年までの温い雰囲気は微塵もなし。プレッシャーのかかるこの試合、小川の一発が緊張から解き放った……。ロスタイム米山のゴールは奇跡でもあり必然でもあった。

ACL出場権、ナビスコカップの借りを返すため、そしてタイトルを賭けて決選の地、大分へ。

| | トラックバック (0)

2008/11/29

札幌戦前夜

ホーム最終戦といえば、ほぼ毎年行っているが「あー今年もまた帳尻合わせだね~~~」「来年は誰が来るのかね~~~」「たまには優勝争いしたね~~」とダラダラ試合を見るだけだった。

今年は未だ優勝の可能性あり。こんなホーム最終戦は初めてだ。もはや勝ち点計算は無意味。とにかくどんな形でもいいから勝ってわずかでも可能性を残し大分へ乗り込むだけだ。そして……ダビィがイエローカードもらいませんよーに。

| | トラックバック (1)

2008/11/28

新加入内定6号

久場 光選手新加入のお知らせ(公式)

6人目の新人さんです。スマン、覚え切れん。

どうも小柄でスピードのあるタイプっぽいですね。誰かとかぶるようなかぶらないような。とにかくガンバレ

| | トラックバック (0)

2008/11/26

天皇杯準々決勝

相手は犬飼の寵愛を受けるガンバに決定。犬飼が「外国人が監督をしている名古屋よりガンバに勝ってほしい」って言いそうだな、おい。でもそうはいかないよ。

それはいいんだが、いくら権威のある大会でも年末の平日の夜の試合はさすがに行けません><

| | トラックバック (0)

2008/11/23

劇的なるもの

京都2-3名古屋

新幹線は人、人、人。京都駅も人、人、人。西京極までの電車も人、人、人。秋の京都恐るべし。見所いっぱいの京都の街を完全にスルーして西京極へ直行。思ったより寒くは無かったが日が陰るとひんやりという晩秋らしい気候。試合も同様。前半は熱くて後半は寒々。1点や2点リードしても一切安心できないという緊張感は名古屋らしいがマジ勘弁してくれ。

吉村出場停止で山口先発。DFは増川、吉田でバキがベンチ。これは全くの想像だがGK西村との連携を考慮し言葉が通じないバキを外したのかもしれん。

さてキックオフ。ヨンセンの惜しいシュート。小川のCK。マギヌン先制ゴール。早っっっ!これで楽になったか名古屋ペースで試合が進む。柏戦もそうだったがマギヌン入るとリズムが違うな。25分にはマギヌンが小川のクロスに合わせて2点目。危なげない展開で前半終了。前半で2-0。普通だったら完勝ペースなんだが後半あんなドラマが待っているとは思わなかったどすえ。

京都は後半シジクレイを中盤に上げて攻撃的に来るだろうからそれに対応できるかどうかだね、と友人と話していたのだが。……いきなり対応できてへんorz。シジクレイが中盤にあがって両サイドが攻撃的になるととたんに押し込まれる。いや、これぐらいの京都の作戦変更は予想できたと思うんだけどねぇ。

これでもう完全に京都ペース。いや勝ってるのウチらなんだからもっと落ち着けって。なんかもうバタバタしずぎ。そんなこんなでFK後の混戦からクリアミスを柳沢に押し込まれ失点。それでもまだリードしてるんだからこの失点はしょーがねーぐらいの気持ちで立て直せばいいものの、DFラインがずるずる下がって空いたスペースを使われまくる。68分には裏へ抜け出した林を竹内が倒してPK。林を前向かせた時点で負け。西村いったんははじいたが急にボールが来たので柳沢が押し込み同点。ハァ。柳沢代表呼べよ。

71分あたりで玉田が異議でイエロー。あの判定じゃそら怒るわな。ここに来てやっと逆襲開始。名古屋CK→京都クリア→名古屋CK→京都クリア→名古屋CK→京都クリア→名古屋CK→京都クリア→ええい、はよ決めんかい!押し込みながらもフィニッシュの精度は相変わらずだったりする。杉本がGK水谷に蹴り入れてしばし時計が止まる。あれはかわしてやれよ……。西村、吉田と中谷が激突。こっちは不可抗力っぽいが正直スマンかった>中谷。西村とDFの連携は最後まで悪かったねえ。

さてロスタイム。今まで見たことの無い「7分」表示。ま、感覚的にはこれでも短い気がしたが。玉田がシジクレイに押し倒される。ファールはない。杉本からクロス。ヨンセンと増島が競り合う。ヨンセンが倒される。笛が鳴る。「はあ?今のがヨンセンのファールかよ、どこ見て……え?PK?」半信半疑のゴール裏はすぐに大歓声に変わる。蹴るのはヨンセン。またも右へけり込む!あれ、分かっていても止められないんだろうな。本来なら終わっている時間に劇的勝ち越しゴール!勝ち点3獲得し優勝に望みを残した。

試合後、終わらないヨンセンコール。バンザイ三唱×2回。サポから渡されたノルウェー国旗を掲げるヨンセン。あたまも最終戦のようなノリだが……待て、まだ2(+α)試合もあるぞw

少し残念だったこと。京都GK水谷が治療中の時のブーイングは少し見苦しいと思った。治療の間、時計が止まるのは当然だしGKの場合外に出すわけにはいかない。頭を打っていたようだしドクターが慎重になるのも分かる。時間稼ぎをしていたわけではない。主審も時計を止めている、というジェスチャーをしている。「外に出せ」とか見当違いの野次を飛ばすぐらいなら静かに待つのが大人ってもんじゃないのかね?

| | トラックバック (0)

2008/11/22

京都戦前夜

ヨンセンに続き藤田も退団へ。今年の起用方法から言えばほぼ予想された事だが意外と残るかもしれないという気がしていた。残念と言えば残念だがこれもクラブの方針だから仕方が無い。藤田が必要なクラブはあるはず。新天地の活躍を期待する。

……まさか、ナビスコカップU-23化を見越してのことではないだろーな???

さて明日は京都戦です。秋の京都。どのくらい混雑しているのか全く読めません。とりあえず8時~9時台の新幹線は全滅っぽい。高速も市内もおそらく大状態。車なんかビクともしない状況だろうな。試合もアウェー側が満席というウワサも。……マジでどうなるだ、明日は?

試合のほうは本当に厳しい戦いになりそうだ。吉村の代わりはおそらく山口で他はいつものメンバー+西村か。マギヌン、ヨンセン、玉田、小川あたりも調子は悪くないはず。玉田も左45度からのゴールを見せてくれるはずだよな。

明日は13時からが優勝争い、16時からが残留争いと日程君が神レベルのマッチメーク。特に大分vs鹿島戦が気になるところだが、もう勝ち点計算に意味はない。残り全勝しなければ優勝は無い。気分は一発勝負のトーナメント。やるっきゃありませんな。

| | トラックバック (0)

誰か奴の暴走を止めてやれ

「秋春制に反対クラブの社長は素人」(報知)

……なあ、誰かこいつを止めてやれって。自分に賛成しない人間は頭がおかしいとか、素人とか公の場で言うようなヤツを組織の長にしたらまずいだろ。浦和サポなら大雪で新幹線が止まろうが、高速道路が通行止めになろうが、空港が閉鎖さっれようが、仙台にも山形にも札幌にも行くだろうし、雪の中で2時間も3時間も並ぶことができるだろうけど、そんなん浦和サポだけでしょ。努力っていうけど努力で雪は防げません。「サッカー関係者がみんな」って現にクラブ社長が反対してるんでしょ?彼らはサッカー関係者ではないと?秋春制に賛成する人間だけがサッカー関係者ってことか?あと秋春制じゃなくテメェが言ってるのは夏春制だろ。ウソをつくな。

とりあえず今すぐ山形へ行って雪かきしてこい。1月にも山形や札幌に行って屋外で2時間立ってみろ。話はそれからだ。

| | トラックバック (0)

2008/11/21

さよならは別れの言葉じゃなくて

再び会うまでの遠い約束・・・

でも再び会った時にハットトリックくらったら笑えるよね。って笑えねーよ。

ヨンセンがいなかったら今ごろ雪の中で山形と試合をしていたかも知れない。ディープストライカー?それなんてガンダム?という筆者の眼前でヨンセンはディープストライカーの意味を教えてくれた。2006年豊スタ浦和戦のゴールでは涙が出た。

……しかし、監督の求めているタイプと違うこと、クラブが若返りを図ること、等々の理由により移籍が決定。とはいえ今のサイド攻撃主体の戦術だったら真中にヨンセンいないと成り立たない気もするが。相手のマークが厳しかったり年齢的なものあってかゴール数が伸びなかったが(それでも二桁なんだけど)、ヨンセンだけの問題でもなかろう。ヨンセンがニアにいるのにクロスはファーへ。ファーにいればニアへ、FKやCKもヨンセンに届かず、体をはってボールを捌いても誰も拾ってくれず、こんな状況でヨンセンが衰えたと言われても……という気がしなくもない。

が、監督の決定ならしかたがない。監督としては回りのサポートがなくても、ろくなクロスボールがこなくても、2列目から正確なパスがこなくても、それでも20点ぐらいゴールできる選手が必要なのだろう。ウワサになってるダビィがそういう選手かどうかは知らないが。それとも豊田を戻して来年も若手育成の年にするのだろうか?いずれにしてもヨンセン抜きで今年以上の成績を残すためにはFWを含めて補強が必須であろう。

まだヨンセンにはありがとうとは言わない。感謝の言葉は大分での優勝決定戦、ロスタイムの奇跡の逆転ゴールを見てからにしたい。

| | トラックバック (0)

2008/11/20

左45度は結構入る

「玉田さん。名古屋では左45度からのゴールはないようですが」

「ハイ。23日の京都戦が初めてです」

代表の試合で3試合連続ゴールできるんだから名古屋でも3試合連続ゴールできますよね?

| | トラックバック (0)

2008/11/17

またもや犬飼に釣られてみた

ナビスコ杯来年にも五輪方式U-23中心に(ニッカン)

ああもう、どこから突っ込んでよいのやら。まず言うまでも無く五輪代表はほとんどの選手が所属チームでレギュラーもしくは準レギュラーです。前提がすでに間違っています。

そもそも問題点が山積み。五輪世代の強化だったらU-23ではなくて開催年に合わせてU-20、U-21・・・としないと意味が無いとか、U-23選手は出場機会が増えるかもしれないが逆に中堅、ベテランの出場機会が制限されるとか、ナビスコ杯に出場した若手がA契約要件を満たしてしまい、A契約選手が増えすぎてしまうとか、ナビスコ杯を若手育成の場と位置付けず、リーグ戦同様のメンバーでタイトル獲得を目指しているクラブの立場はどうなるのとか……解決しようと思えば解決できるかもしれないが、09年の開幕を半年後に控えた今の時期にこんなクラブ経営戦略に直結するようなレギュレーション変更はいくらなんでも無理でしょ。

若手に出場機会って言うけど、代表クラスの実力を持っていながら所属クラブで出場できない選手ってそんなにいますか?ある程度の実力があればほとんどのクラブでレギュラーになれませんか?

それとも一人一人きちんと出場機会を与えてあげて経験を積ませてあげないとダメなのかなあ……。その結果としてリーグのカップ戦の権威がガタ落ちになったとしても。

| | トラックバック (0)

2008/11/16

「つべこべつべこべと。なぜごめんなさいと言えんのだ!」

ある会社の課長の話です。ある仕事で部下A君が集合時間に遅れてきたため「時間を守れない奴は仕事をしなくていい!」と理由も聞かず叱責し、処罰しようとしました。ところが実は課長が勘違いし間違った時間をA君に伝えていたためでした。この課長が真っ先にすべきことはA君に謝ることですよね。仕事云々でなく人間として当然ですよね。

さて本題

主力抜き大分処分なし、千葉批判は間違い(ニッカン)

人間として間違っていませんか?

不確定な情報でJリーグ史上最も厳しい処分を与えるつもりだったんですか?発言は撤回って本人は撤回するってコメントしていませんが?公の場での発言が間違いで、しかも著しく相手の名誉を毀損するような失言しているんですよ?普通お詫びして訂正しますよね?それとも酒の席での発言だったんですか?あんたいつも酔っ払ってんですか?

犬飼「(天皇杯について)検討して欲しいから言った。言わないと誰も言わないから」

バカですか?

最初からそう言えばいい話だろうが。事実関係を確かめもせず、事情聴取することなく、ルールの有無は関係ないとまで言い切ってクラブの存亡にかかわるような処分をしようと恫喝することが天皇杯のためになるのか?

「2、3のクラブがメンバーを大幅変更したようだ。確かに規定はないが天皇杯もベストメンバーで戦ってほしい。事実関係を調べて今後問題点を検討していく」というようなコメントが組織の長としてのコメントではないのか?それを最初から恫喝?あんたにとって力こそが正義なのか?

主力抜き問題、大分に協会から連絡入らず(ニッカン)

もはやお話にもなりません。組織としての最低限のこともできていません。「貴社の製品に問題があった。取引をやめるかどうかX日に決定する」と言っておいて、それが勘違いでしかもX日に相手に何も言わなかったとしたら……そんな会社つぶれますよ。

なあ、犬飼。ちょっと想像してみてくれ。友人が間違った情報を元に勘違いをしてアナタを非難したとしよう。もし、誤解だと分ったら友人にどうしてほしい?まずは一言あやまって欲しいと思わないか?まあ、そう言う事だ

| | トラックバック (0)

2008/11/15

また一歩2冠に近づいた

名古屋2-1大宮

ヨンセン2ゴールで快勝、と言いたいところだが試合見た人の感想ではどうも内容があまり芳しくないようで……。ヨンセンのゴールもさすがにあれ外したら給料返さなあかんやろ、というゴールだったけどw。それでもやっぱり決めるべき時に決めるのはエースの仕事。これで悪い流れを断ち切ってリーグ戦につなげてほしいところです。

準々決勝はガンバか甲府か磐田、会場は未定、日時も12/20、場合によっては他の日、となんもかも未定ではありますが12月下旬までサッカーを楽しめて幸せです。

続きを読む "また一歩2冠に近づいた"

| | トラックバック (0)

2008/11/14

大宮戦前夜

天皇杯です。リーグ戦が佳境のこの時期に変に間が空いてしまうのも考え物ですが、とにかく明日は天皇杯です。2冠を目指している名古屋にとっては負けられない一戦です。大宮は2年前の天皇杯でなんか知らんうちに負けてしまった相手です。あん時の借りをしっかり返しましょう。

リーグ戦残り全勝するためにこの試合勝って弾みをつけましょう。明日勝てば天皇杯もリーグ戦もなにもかもうまく行きそうな、そんな気がします。

| | トラックバック (0)

大山鳴動してネズミ一匹?

大分への処分見送り(スポーツナビ)

……あれ?最初の勢いはどこ行ったの?「規則なんか関係ない!!」「天皇杯なめとんのかワレ!」「厳罰だ!厳罰だ!」「俺がルールだ!」という感じで顔真っ赤にして頭から湯気出して吼えていたおっさんはどうしたの?

結局秋春制へ強引に移行するためのダシに使われただけ?この1週間眠れぬ夜を過ごしたクラブ関係者やサポーターに対して何か言う事はないんですか?

| | トラックバック (0)

2008/11/13

「犬飼、知っておるか。アドルフ・ヒトラーを」

「独裁者でな、世界を読みきれなかった男だ。犬飼、貴公はそのヒトラーの尻尾だな」

主力温存の大分、千葉を聴取せず処分(ニッカン)

JFAの規約を読んでみた。第12章に懲罰という章がある。

第196条で協会はJリーグチームに懲罰を課す事ができる、とある。第197条には種類がかかれ重いほうから除名、降格、活動停止、出場停止・・・とある。プロクラブに対して予選からの参加強制は、降格に匹敵する処分と考えてよいだろう。

さて第210条では「原則として当事者に事情聴取を行いその意見を聞くものとする(以下略)」。「事情聴取を行い」と明記してありますが?

第228条にも「調査、審議を経て懲罰を決定する」とあります。当事者から意見を聞かずに調査、審議をしたと言えますか?

第229条に違反行為が書かれています。大分、千葉はどれに抵触したのでしょうか?

(2)の「本協会の指示命令に従わなかった時」。ああ、これに抵触していますか。鬼武氏の言う「天皇杯は最強布陣で臨むと約束した」というのを超拡大解釈すれば協会の指示命令であり、抵触したことになるかもしれませんね。では何をもって最強布陣とする、というのは明示されていますか?では逆に大分、千葉の選手が最強ではなかったことを事情聴取もしないで客観的、定量的、論理的に証明できますか?降格に匹敵する処分を下すんですから証明できますよね?

さて「天皇杯は最強布陣で臨むと約束した」にもかかわらず約束を破ったクラブが他にもありますよね?ないとは言わせねえぞ。Jリーグのベストメンバー規定すら満たしていないクラブ、あったよな?「天皇杯は最強布陣で臨むと約束した」んだから「約束を破った」ことが問題なんだろ?勝った負けたは関係ないよな?いや、勝ったんだから最強メンバーだ、というならそのメンバ-で残りのリーグ戦を戦うはずだよな?「最強」だもんな。翌週のリーグ戦、天皇杯と全然違うメンバーだったけど。権威あるリーグ戦を最強メンバーで戦っていません。はい、厳罰決定。

そもそもレギュラーとして試合に出続けて疲労がたまっているA選手と、これまで出場機会はなかったが練習では絶好調、コンディションもいいB選手。どっちが最強か、誰が決められるんだ?JFA会長ともなれば特殊な眼鏡で見ると選手の能力値が見えるのか?……てゆうか、そもそも大分の試合見たんか?

ベストメンバー規定についてはここでは論じない。問題は「降格に匹敵する処分を下すにあたって客観性がなく、公平でない」事なんですよ。レギュラーとして試合に出続けて疲労がたまっているA選手と、出場機会はなかったが練習では絶好調、コンディションもいいB選手。どっちが最強か、誰が決められるんだ?特殊な眼鏡で見ると選手の能力値が見えるのか?

個人の感情でやっていいことではない。それができるのは独裁者だけです。

……って書いたけどそもそもJFA会長なんて元々独裁者みたいなものか。ヒトラーとドイツって最後はどうなりましたっけ……?

| | トラックバック (0)

2008/11/12

新加入内定5号

松尾元太選手、来季新加入のお知らせ(公式)

早くも5人目。補強ポイントの一つである右サイドバックの選手なので期待したい。が、この状況だと来年は育成重視なのか……?

まあ、ACL出場クラブと降格クラブが確定すれば一気に動くだろうな。とりあえず阿b(ry

| | トラックバック (0)

2008/11/08

人は同じ過ちを繰り返す……まったく!

2-1名古屋

采配ミス(その1)後半28分 玉田→杉本

この時間帯、まだ玉田の動きはそれほど落ちておらず名古屋の方にも得点のチャンスあり、中盤までボールを貰いにくることより(是非はともかく)柏が守りづらそうだった事を考えれば交代はまだ早かった。ケガを考慮し交代するのであれば山口か米山。これにより「残り時間まずしっかり守る」という表明になる。玉田→杉本はメッセージが込められていない交代だった。

采配ミス(その2)後半34分 マギヌン→米山

セオリーからいっても相手CKの時に選手交代はありえない。フォーメーションの変更もあるし相手はそれを待ってくれない。ただでさえセットプレイに弱いのだからこれはない。また玉田が残っていればマギヌンを下げても良いが、二人下げてしまっては前線でのタメができなくなる、と同時にヨンセンが孤立する。つまり得点に関しては小川の個人技以外全く期待できない状態になってしまう。残り5分ぐらいなら良いがここでマギヌンを下げるのはまだ早い。

采配ミス(その3)後半39分 阿部→巻

1-2となってもうリスク背負って放り込みでもなんでもいいから2点を取りに行かなくてはならない。巻を入れるのはいいとして阿部をさげたら誰がクロスを入れるのか?ここで交代するなら吉村。で、増川か吉田を上げてパワープレイしかないと思うのだが。もっともすでに2つも采配ミスしてるので取り返しようがなかった。

というワケで選手交代が全て裏目という珍事でしかも入った杉本、米山が全く役にたってないという最悪の事態を招いてしまった。とはいえ采配ミスをカバーするのも選手の仕事。1-1でなぜいったん落ち着けないのか。米山が入ったことによりフォーメーションの修正が必要ならば、そのためにはまず落ち着いてボールを回しポジションの確認をすべき。安易にボールを失わずセーフティなプレイを心がけ「守るか」「攻めるか」の意思統一が必要。磐田戦、千葉戦を思い出さなかったのか?3回も同じ形で連続失点するというのはプロとしてどうなのか?こういう時に落ち着かせるのがベテランの役目ではないのか?特に米山はそういうベテランとしての判断が求められて投入されたのではないのか?

この試合マギヌンの復帰により前線でタメができ、また攻撃に変化をつけることができたため後半30分あたりまではいい展開が続いていた。マギヌンのサポートによりヨンセンのポストプレイも効いていた。小川のゴールや、菅野に止められたその他のシュートも好調時の名古屋らしい流れからのシュートだった。それを監督と杉本と米山がブチ壊した。

幸いにしてリーグ戦は2週間後。マギヌンの復帰により少しながら光は見えた。もう1度立て直して残り3試合で勝ち点9を目指すしかないだろう

| | トラックバック (0)

2008/11/07

柏戦前夜

俺は西村を信じる

だからお前は西村を信じる俺を信じろ

……しかし、リラックスするための半分遊びのバスケットボールで全治2~3週間のケガとは。ケガというのはえてしてこういう時に起きてしまうのだろうか。

首都高で250km/hオーバーで走っても事故を起こさず街中で50km/hも出ていない時に事故を起こしてしまうようなものか……幻の最高速ランナー乙

まるで今まで散々首位に立つチャンスを与えられながらことごとく無駄にしてしまった名古屋に怒ったサッカーの神様が最後の試練を与えたのかもしれんな。

けどまあマギヌン復帰で攻撃陣はベストメンバー。西村だって名古屋の控えGKは他チームでは正GK、というのを改めて証明してくれるはずだ。

| | トラックバック (0)

2008/11/02

来季戦力外選手選考試合

名古屋1-0岐阜

相手に対するリサーチもせずに、基本戦術を全く理解していない選手を起用したのも、公式戦である事を無視して来季の戦力外選手の選考のためだったと思えば、まあ納得できる。おそらく先発メンバーの内2~3人とは来季の契約を結ばないとは思うがチャンスを与えられて結果を出せなかった本人の責任。

両サイドが大きく開く形をとる以上、当然中盤の人数が足りない。それをカバーするのが中盤の運動量と動いてスペースでボールを貰いすばやくどちらかのサイドに展開すること。当然CB、SBも組み立てに参加しなければならない。SBは高い位置に上がってSHとのコンビでサイドを崩す、もしくは逆サイドに大きく展開する。人数が少ない中盤でグダグダボール回すだけだったら相手に奪われて当然。ヨンセンに当てたボールは誰かが必ず拾う。そのためにはヨンセンにつかず離れず動きながら距離を保ちボールを拾うことが重要。それをするのは誰?

いずれにしてもサイド攻撃を基本戦術にしているのに人数の少ない真中でダラダラボール回しているだけで、さらにパスミス連発。これでは絶対勝てない。花井のGKとDFの間を通す絶妙のFKがなかったらどうなっていたことか・・・。

| | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »