« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/30

今世紀最高のゲーム

名古屋3-1川崎

泣いた。

今シーズンの対川崎3連敗も色々あったグダグダもこの勝利で全部チャラ!

アウェーの1-2を跳ね返しての大逆転で準決勝進出。

苦手川崎にここ一番で勝利。とにかく最高!

もしアウェーゴールがなく2-0で負けていたら今日3-1で勝っても敗退だった。ロスタイムに失点していたら3-2で勝っても敗退だった。アウェーの1点がドラマを生み運命を左右する。

だからサッカーは面白い

さて、これでついに西アジアのクラブと対戦、そして11/7には国立に帰ってこよう。

| | トラックバック (0)

2009/09/29

川崎戦前夜

Img_090930_4

そういうワケでジュニーニョの電撃移籍もなく明日の川崎さんはベストメンバーのようです。

対する名古屋は鹿島戦のターンオーバーのおかげで中村や増川が休養十分だそうです。あ~良かったですね(棒読み)

勝ち抜けの条件は1-0で勝つか2点差以上の勝利。2-1の場合は延長突入で運任せ。川崎相手に1-0で勝つなんてある意味夢のスコアですな。とにかくつまんないミスをなくしてキックオフからガンガン行くしかないでしょうね。

せっかくのACL、中東アウェーを経験せずに終わるのは面白くありません。川崎に勝ちましょう。そうすれば今シーズンの今までのグダグダは全部チャラです。

| | トラックバック (0)

2009/09/28

川崎戦2日前

AFCチャンピオンズリーグ準々決勝

名古屋グランパスvs川崎フロンターレ

9/30日(水)瑞穂陸上競技場19:00キックオフ

09009301a

09009302a

09009303a

…こんなこと書いていると、逆にウチの選手がいやなんでもない。

| | トラックバック (0)

2009/09/26

カシマスタジアムでは勝てない。そんなふうに考えていた時期が(ry

鹿島1-4名古屋

Sg_0926_1_2

かつてカシマスタジアムは鬼門と呼ばれ名古屋が全く勝てない時期があったんですよ。ええ、昔の話ですけどね。

……

…………

とりあえずホームでのバカ負けの借りは返させてもらった。リーグ戦で鹿島から4ゴールは初めてだっけ?今までの数々の負けっぷりがウソのようだ。

ACLを見越してメンバーを入れ替え、ただし3-5-2ブルゾスペシャルではなく普通の4-4-2。アレックスのボランチがどうなるかと思ったが鹿島のプレッシャーがぬるかったこともあり90分機能した。4-4-2の3ラインが大きく崩れず、鹿島に崩されなかったのが勝因の一つか。

名古屋のCB、CHは横にしかパスを出さない、というのはJリーグの常識の一つだが今日は両CBもアレックスもうまくボールをさばき効果的なパスが出せていた。早めにケネディに放り込むというのが徹底され、鹿島の不調を差し引いても、攻守ともうまくはまった感じだ。

…まあ結局は鹿島のGKと最終ラインがひどすぎたってことなんだが。曽ヶ端といい松代といいなんで名古屋相手だとやっちゃうんだろーね。そろそろ次あたり川島(ry

ブルゾも来日初ゴールがあんなんになるとは夢にも思わなかったろーな。連携とかまだまだなんでこれをきっかけに調子を上げられれば良いが。

さてこの勝利が水曜日の川崎戦にどうつながるか、楽しみになってきた。

え?岡田監督?そろそろ吉田を呼んでみませんか?

| | トラックバック (0)

2009/09/25

鹿島戦前夜

川崎戦のアウェーゴールの意味や小川のよけっぷりについてアレコレ言ってる内にリーグ戦は鹿島戦です。

今イチ盛り上がってないどころか、ACLに備えて主力を休ませた方が良いという意見もチラホラ。確かに勝ち点差が5~6程度ならもっと盛り上がるんでしょうけどね。残留がほぼ確定で去年カシマで勝ったので今年はもういいや、という気持ちもあるんでしょうか?

でも、ここでヌルいこと言っていて川崎に勝てるんでしょうか?鹿島に勝てなきゃ川崎にも勝てないでしょ?ケガをしている選手を無理に使うことはないがそうでなければ基本的にベストメンバーで行くべきだと思う。選手の疲労?十分休んだ中断明けの試合で相手より走れない選手が疲労どうこうなんて片腹大激痛ですな。

鹿島戦と次の川崎戦、とりあえずこの2試合は今シーズンの集大成のつもりで120%の力を出し尽くしてほしいところです。采配ミスなんか選手の力で吹き飛ばしてやれよ。

| | トラックバック (0)

2009/09/23

アウェーゴール

川崎2-1名古屋

先制しながらおなじみの3分2失点。川崎戦はビデオで同じ試合を再生しているんじゃないかという負けっぷり。名古屋の選手には「学習能力」がないのだろう。ないものを責めても仕方がない。

アウェーゴールとなるケネディの先制ゴールでゴール裏は勝ったかのような騒ぎだったが、これを守り切る力は無かった。代表に呼ばれるんじゃないか、と思わせる広野の再三のビッグセーブだったが、あの2点はさすがに防げまい。

これでホームでは1-0か2点差以上で勝つしかなくなった。ま、ナビスコカップで1-5と惨敗した時よりはるかにマシ。アウェーゴールの1点が奇跡を生む、と信じるしかないだろう。

あと、もう一つの奇跡は…ジュニーニョが今週中に中東移籍とか。

| | トラックバック (0)

川崎戦当日

川崎戦当日
再び名古屋の理想を掲げるために
タイトル獲得成就のために
国立よ、私は帰って来た!!

| | トラックバック (0)

川崎戦当日

川崎戦当日
待ちに待った時が来たのだ
多くの声援が無駄でなかったことの証のために

| | トラックバック (0)

川崎戦当日

川崎戦当日
この駅は泣いているのでしょうか。我々に何かを訴えたくて

迎えてくれているのだ。私にはそれが聞こえる

| | トラックバック (0)

川崎戦当日

Jリーグ、並びに川崎フロンターレに告ぐ。我々は名古屋グランパス・フリート!

いわゆるACLと呼ばれた、AFCチャンピオンズリーグの決勝トーナメントの組み合わせが偽りのものであることは、誰の目にも明らかである!何故ならば、準々決勝で日本勢がつぶしあうからだ。我々は些かも戦いの目的を見失ってはいない。それは、間もなく実証されるであろう。

私は日々思い続けた。名古屋の勝利を信じ、戦いの業火に焼かれていった者達の事を。そして今また、敢えてその火中に飛び入らんとする若者の事を。

名古屋グランパスの心からの希求であるタイトル獲得に対し、川崎がその強大な攻撃力を行使して、ささやかなるその芽を摘み取ろうとしている意図を、証明するに足る事実を私は存じておる。

見よ、これが川崎のジュニーニョだ。このFWは、名古屋からゴールを奪うことを目的として起用されたものである。中東からオファーが来ているこのFWが、未だに移籍しない事実を以ってしても、呪わしき川崎の悪意を否定出来得る者がおろうか!

省みよ。何故ACL予選リーグを突破したのかを!何故我等がドラガン・ストイコビッチと共にあるのかを!

我々は16年間待った。もはや、我が軍団に躊躇いの吐息を漏らす者はおらん。今、真の若人の熱き血潮を我が血として、ここに私は改めて川崎フロンターレに対し、宣戦を布告するものである。

かりそめの順位への囁きに惑わされる事なく、繰り返し心に聞こえてくる名古屋の名誉の為に、フォルツァ・ナゴヤ!!

| | トラックバック (0)

2009/09/22

川崎戦前夜

いい年こいて遠足の前日のように落ち着かねえw。

名古屋サポ以外の他サポの98%は川崎が2-0かそれ以上で勝つ、と思ってるだろうけど、そうそうみなさんの予想通りには行きません。国立21勝は伊達ではありません。

勝てれば文句なし。1-1、2-2という点をとっての引き分けでも文句なし。さらに1-2で負けても悪くはない。逆に0-0とか0-1となってしまうとホームでの戦いが苦しい。とにかく1点取ることが重要になるだろう。

さて毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回毎回やられているジュニーニョだが、さすがに今回は何らかの対策を練ってくるだろう。対策を練っているはずだ。練っている……よね?

Sg_0922_1

Sg_0922_2

サポーターってのはそういうもんですよ

| | トラックバック (0)

2009/09/19

そして4バック

大宮0-2名古屋

2年連続NACKスタ遠征。ゴール裏からホント見やすいわ。アウェー席も去年より広かったしね。屋根がないことを除けば中規模スタジアムの中では1番かも。

さて試合。4バックと思わせて頑固に3バックでは?という心配をよそに、あっさりと4-4-2に戻す。攻撃の流れは去年と同様。最終ラインのダラダラしたボール回しからサイドへ展開、サイドチェンジを交えて小川、マギヌンでボールを展開し2トップがからみシュートまで持っていく。

前半、名古屋ペースで流れのいい時にセットプレイで先制。後半大宮に押し込まれつつもカウンターから小川の追加点。守備もラファエルをなんとか抑え、現地で見ている分には文句なしの展開で2-0で勝利。

厳しいことを言えば去年の今頃に戻っただけ…と言えなくもないが、どーしようもない時は一度最初に戻ることも必要。ここからもっかいやり直せばいいだけのこと。ブルゾやアレックスの起用方法も再考すればよい。

しかし3-5-2がブルゾ・システムだとすれば、今回の4-4-2って小川-マギヌンシステムなんですよねえ、ある意味では。色々難しいね、こりゃ。

| | トラックバック (0)

2009/09/18

大宮戦前夜

どうもウワサでは去年のようなスタンダードな4-4-2に戻すらしい。ブルザノビッチ専用スペシャル3-5-2は封印か。いやこれが機能するまで頑固に続けるのではないかと思っていたのだが。

マギヌンの出場停止明けで両SHは小川、マギヌンか。4バックなら二人の守備の負担も減るだろうしSB(おそらく阿部、田中あたりか)との連携で崩すシーンも見られるだろう。見られるといいな。

センターは中村、吉村、ここは他に選択肢がない。CBはバキがケガ、吉田が体調不良となれば増川、竹内か…。まあ、ここは期待したら負け。

一番の見どころはジーザズvsラファエル、神と天使の争い、って神と天使が争っていいんかい。ともに長身のエースで背番号16というのも何かの縁か。

Sg_0919_1

…フラグなんて飾りです。お偉方には(ry

| | トラックバック (0)

2009/09/16

Jリーグの新しい金もうけ方法

ベストメンバー規定違反で制裁(広島公式)

今後Jリーグはクラブから「ベストメンバー規定に抵触しているかどうか?」という問い合わせがあったら、とりあえず「抵触していません」と答えて、後になって「やっぱり違反で~す☆テヘッ」と言って制裁。「こっちも悪かったから半額で勘弁してあげるね♪」と答えて1000万円ゲット。素晴らしい。完璧な作戦ですね。

「クラブからの問い合わせにウソをついて1000万円ゲット!」って紙に書いてJリーグ事務局に貼ってあるんですね、きっと。

広島の尊い犠牲にとって「ベストメンバー規定に抵触しているかどうか?」をJリーグには絶対問い合わせてはいけない、という事が明らかになりました。

| | トラックバック (0)

2009/09/15

再試合

鹿島VS川崎戦の取扱いについて(J’sGOAL)

大雪でカラーボールもまともに見えず、まともに走れないピッチで選手の危険も多く、また、ほとんどの座席が屋根のない状況で観戦者が雪まみれになった状況で90分試合を続けた例を筆者は知っていますが、今回はそれ以上の状況だったんでしょうか?

実は筆者は勘違いをしていまして、試合中止、再試合の基準はしっかり決まっているのものと思っていました(例:雷雨が○分以上続き、気象庁の情報で△分以上回復の見込みがない場合、とか75分以上であれば試合成立とか、45分以下なら0-0から再試合、45分以上ならその続きからとか)。どうもそういう感じではなさそうです。

現場にいたワケではありませんし、決定にどうこう言うつもりはありませんが、今後は中止、中断、再試合の基準を明確にし、その決定における責任の所在をはっきりさせること、処置は公平に行われること、を切に願う次第であります。

J1の首位争いでもJ2の最下位争いでも、主審が岡田さんでも今年初めてJ1を担当する主審だったとしても同じように扱いなさいってことですよ。

あと今回の試合中断の処置が本当に正しかったかどうか、何を基準にどう判断したのかを明確にしてほしいと思います。

| | トラックバック (0)

2009/09/12

当然のごとくフラグ回収

名古屋2-3

負けフラグは全て回収し負けエンドへ一直線。サポーターの期待を裏切ることに対して何のためらいもない選手、監督。

決して数的不利でないにも関わらず相手からボールを奪おうとせず、ペナルティエリア周辺で相手選手がシュートを放つまでじっと見守る選手たち。ボールウォッチャーならぬゲームウォッチャー。

采配ミスに戦術的なミスに技術的なミスが絡み合い修正できぬまま過ぎていく90分。

現代サッカーで守備をしない、動かない選手がトップ下にいるのを初めて見たような気がします。これは筆者が知らない超最新のサッカーなのでしょうか?

| | トラックバック (0)

2009/09/11

柏戦前夜

中断明け、NHK-BS放送、3連勝の後、瑞穂、相手は17位、菅沼…などなど色々フラグが立ちまくっている柏戦です。ケガ人も多く厳しい試合になるのではないかと。懸念の中盤、中村の相棒は誰になるのか…。そんな中、玉田のモチベーションがやたら高そうなのが好材料でしょうか。4試合連続ゴールを期待しちゃってもいいのか?

天気予報は雨。ホームでは最近は柏に負けていないとはいえ雨の柏戦はろくな思い出がない。明日は勝って上位進出に望みをつなぎたいところだ。

Sg_0912_1

Sg_0912_2

春とは別のチームですからねえ。失点パターンは同じだけど。

| | トラックバック (1)

40億円

ジュニーニョに40億円(ニッカン)

「どうせやったらジュニーニョかマルキーニョスを強奪せんかい。ただし移籍金は安い方法で」というガンバサポや名古屋サポの心の叫びが聞こえたのだろーかw。

リアルでサカつくやってるような連中にはかないませんな。

Sg_0911_1

続きを読む "40億円"

| | トラックバック (0)

2009/09/09

「ギャン」ネタは禁止

日本4-3ガーナ

相手の足が止まった隙をついて怒涛の3得点で逆転勝ち。これで玉田もケガもなく気分良く帰ってくるだろうし、フル出場できなかった鬱憤は柏相手に晴らしてくれるでしょう。

それにしても…GKとCBは早いとこ次の世代を育てないと2010年はまだしも2014年は色々とやばいんじゃないのか?とこの2試合でふと思った。あとはやっぱり1対1の強さでしょうかね。

| | トラックバック (0)

2009/09/08

オランダ戦その2

W杯ベスト4が目標だとすると本選ではオランダのような強豪相手に3~4回は勝たないとダメなんですよね。あと9か月か。色々大変だ。

Sg_0905_1

続きを読む "オランダ戦その2"

| | トラックバック (0)

2009/09/06

オランダ戦

オランダ3-0日本

見事な負けっぷりに色々と言われていますが……オランダに負けて内容がどうの戦術がどうのといえる時代になったんですね。筆者の世代ですとオランダ代表と日本代表の対戦なんか夢のまた夢、別世界、別次元の出来事だったんですが。日本も強くなりました。いやみではなく本当にそう思います。

玉田、本田については名古屋サポにとっては「ああ、いつも通りだ」という感じなんだけど代表サポだと全然物足りないんでしょうねえ。まあいい経験になったと思いますよ

せっかくなんでオランダ代表関係の本でも紹介します↓

続きを読む "オランダ戦"

| | トラックバック (0)

2009/09/05

練習試合、松本山雅戦

名古屋7-1松本山雅

練習試合は勝ったみたいですが、相手はどうも控え選手メインらしいので結果にあまり意味はないかも。

アレックスを真中で起用したみたいですがどうだったんでしょうか?アレックスの真中は無理やろ、と思ったけど山口、吉村不在だと他に選択肢はないんでしょうね、監督の中では。これはこれで面白そうなので柏戦が楽しみです。

主力組が出場した後半にちゃんと失点するあたりはさすが名古屋です。

| | トラックバック (0)

2009/09/03

柏戦どーするべ?

山口慶選手のけがについて(公式)

orz

試合内容はともかく3連勝でいい流れに近づきつつあったのだが、ここにきてサテライトの試合で山口が怪我。全治4~6週間…。

中村-吉村-山口というローテーションで中盤2枠を埋めてきたのだが山口が離脱。ちょっと痛い状況になってしまった。山口は1日でも早く回復できるように、また福嶋、田口あたりの活躍を期待しよう。

次節は吉村も出場停止。せめてもの救いは今週は試合がないこと。色々試す時間は多少はある。融通のきく監督であれば4バックに戻して吉田を中盤の底に使うという手も考えるだろうけど、さてどうなるか?

| | トラックバック (0)

2009/09/02

ナビスコカップ

とりあえずウチは関係ありませんがナビスコカップです

Sg_0902_1

続きを読む "ナビスコカップ"

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »