« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/30

アジアカップ

色々と多忙のため韓国戦とオーストラリア戦をちょこっと見ただけですが、なかなか面白かったですね。ザッケローニ・ジャパンとして上々のスタートだと思います。今後の日本代表も盛り上がっていくのではないでしょうか。

まあ代表に選ばれたいがために契約切れを狙ってクラブに1円も残すことなく海外に移籍したがる若手選手がさらに増えそうな予感はしますが。

さて名古屋の方はそろそろキャンプの時期です。ケネディは万全の状態で合流できるようですが闘莉王はどうなのでしょうか?闘莉王の情報ってありましたっけ?

一ヶ月後にはもうACL予選か……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

開幕6週間前

2011年新加入(新卒)記者会見の模様(公式)

明日の名古屋を背負ってたつ若き戦士たちの入団記者会見。例年以上に即戦力として期待できそうだがさてどうなるか。特に永井に関しては巻、杉本がいなくなった以上即戦力のFWとして活躍してもらわんと。まあ色々と楽しみです。

星が3つも着いちゃった新ユニフォームも80年代ヒーロー風だの弐号機だの言われているがこうして見るとなかなかカッコ良い……ような気がしなくもない事もないかもしれないと言えなくもない。どっちやねん。

どっちかというとACLヴァージョンの方がカッコいいと思うけどこっちもレプリカ発売されるのだろうか?両方買ったら軽く3万越えだよなあ。ハハハ。

ところで新背番号だが永井が18、吉田が34、田中輝が35という事は全体的に変更はほとんど無いのだろうか。藤本が8?花井とかはもう少し若い番号になったりしないのだろーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

開幕は豊田でマリノス戦

開幕2戦のカードが発表。

3/5(土) 名古屋vs横浜(豊田ス)

開幕戦で横浜と対戦するのは初めてだっけ?豊スタなんで観衆3万越え、勝ち点3といきたいところですね。あ、早いとこシーズンチケット代金振り込まないと。

3/12(土) 仙台vs名古屋(ユアスタ)

えーと。寒くないですか?雪は大丈夫ですか?楽しみだなあ、牛タンカレー。これは何が何でもチケット確保するぞ。E5系はやぶさの指定席を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/12

やっと公式発表

藤本淳悟選手、移籍新加入のお知らせ(公式)

Fujimoto_nagoya

(画像はハメコミ合成です)

公式発表があって一安心。これで仕事中に携帯でニュースをチェックしまくる日々とおさらばです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

日本代表ヨルダン戦

日本代表に選ばれ、公式戦でゴールを決める事が出来る選手はごくわずかしかいないが

・ロスタイムに同点ゴール

・オウンゴール

・オフサイドで取り消しとなったゴール

という3つを1試合であっさりやってしまった吉田麻也(34)。名古屋ユース出身者初のA代表戦のゴールと言う事で素直に喜んでおこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/06

藤本はまだか?と待っていたら竹内が出て行った件について

竹内彬選手、ジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍のお知らせ(公式)

竹内の移籍が正式発表。出場機会を求めての移籍なので悪いとは言わないが、出て行くばかりで全然誰も補強してないんだよな。特に守備的な選手。

まあ久米さんが何も手をうっていないとも思えないのでもうしばらくは待ちですか?

◆基本仕様

氏名:竹内彬 年齢:27

ポジション:DF

◆性能

スピード:C ドリブル:C パス:C 

クロスボール:C(年に数回A)

シュート:C スタミナ:B

◆注意事項

・DFならどこのポジションでもできます

・できるといえばできますが

・DFとしての能力は08年に右SBとしてほぼレギュラーで出場したが、その年のオフに同じ右SBの田中隼磨を獲得したことからお察し下さい

・とはいえ闘莉王、増川、千代反田、田中隼磨相手にレギュラー奪えつってもそりゃ無理です

そんなワケで千葉のみなさん、竹内をよろしく。真のポリバレントなDFに育てて返してくれると筆者が喜びます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます

さて弊ブログも6年目に突入します。本家「寝て覚め」の方は3月で15年目に突入します。長いわっ。

「寝て覚め」スタート14年目にしてやっとこさリーグ優勝を経験できて嬉しい限り。今年もよろしくお願いします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »