« 終わってみれば完勝 | トップページ | 伝説の3連休 »

2011/09/23

スイッチが入ったら

名古屋3-1神戸

開始早々の失点。闘莉王のゴールですぐに追いついたものの中盤でボールを取られまくり、ミスしまくり。正直何やってんの、という前半でしたが

後半にやっとスイッチが入ったようです。

まあ名古屋のスイッチが入ったのは神戸のプレスがゆるくなったからではありますが。次第に名古屋ペースでボールを回せるようになった中で藤本のビューティフルゴールが生まれ、その後の永井、金崎ダブル交代で流れは完全に名古屋。2-1で攻撃的選手二人投入はどうかと思ったけど今回は成功。このまま逃げ切りたいところです。

だがまだ油断できません。普通の監督なら3人目の交代は磯村か吉村か千代反田。しかしここでまさかの……まさかの……交代枠を残したまま時間は刻々と過ぎていきます。

そんな中でダメ押しともいえるケネディの3点目。これは永井がドリブルで突破した時点でもう3点目の予感がしました。得失点差を考えてもこの追加点は大きいでしょう。

そして3人目の交代は……吉村!!「よぉぉぉぉぉっしゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ」ピクシーが普通の監督で良かったです。

結局3-1で試合終了。金崎や永井はチャンスに決めていればもう少し楽だったんですが。まあ後半については文句なしです。

闘莉王の出場停止は痛いですが逆に闘莉王一人なら次節はなんとかなるでしょう。増川とのダブル出場停止が避けられたのは大きいです。怪我の不安がある闘莉王にとっていい休みになるかも知れません。ダニルソンの不調が気になりますが吉村復帰でまあプラスマイナスゼロと言う事で。

やっとメンバーがそろったようです。残り7試合。肉離れが再び流行りませんよーに

|

« 終わってみれば完勝 | トップページ | 伝説の3連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87088/52839721

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチが入ったら:

« 終わってみれば完勝 | トップページ | 伝説の3連休 »