« 壮行試合 | トップページ | 仙台戦前夜 »

2012/07/13

とある高校生の部活の県大会の1回戦

なんかえらい話題になってるんで名作だった頃のドカベンの有名なエピソード「明訓vs白新の意外な得点」以上の珍しいシーンでもあったのかと思ったら……守備側の選手がインプレー中なのにタイムがかかっていると勘違い?してワラワラ集まってる時に3塁ランナーがホームインしてサヨナラ勝ちになっただけだった。

プロでもごくたまにあるしアマチュアなら結構ありそうなシーンだけどこんなんが話題になるのか。

サッカーでも似たようなシーンはありますよね。例えば自陣ペナルティエリア付近でファールを犯し相手側の直接FKになって相手側がクイックでリスタートを試みようとして主審もプレイを止めていないのに、プレイが止まっていると勘違いして壁を作ろうとしてワラワラ集まっている隙に相手にFKを決められて同点にされてしまうとか。

まあアマチュアならともかくプロの最高峰であるJ1リーグではさすがにこんなプレイは絶対にありえな……アレ?

|

« 壮行試合 | トップページ | 仙台戦前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87088/55188763

この記事へのトラックバック一覧です: とある高校生の部活の県大会の1回戦:

« 壮行試合 | トップページ | 仙台戦前夜 »