« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

8月無敗

鳥栖1-1名古屋

ああ鳥栖戦皆勤賞があっさり途切れたw。日曜日仕事なんで無理できんわ。

試合は増川ファンタジー(攻撃)で先制した時はこのまま行けるか~と思ったけどやはり失点。豊田はなんとか抑えてものの全体的に走り負け。もう疲れがピークなんだろうねえ。

まあ闘莉王抜きで連戦を負けなしで終えたんだからヨシとしましょうかね。中断後の連勝に期待しましょう。

これで8月無敗。強敵、難敵が続いた8月にこれだけ勝ち点稼げるとは正直予想以上。中断後の成績だけなら名古屋が1位だっけ2位だっけ?5月の勝ち点0が今さらながら泣けるわ~。

さて清水戦のチケット勝ってくるか……って発売9月かよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/30

鳥栖戦前夜

大雨が予想されます。行かれる方はご注意を。

鳥栖は豊田が絶好調のようです。代表に選ばれなかった鬱憤を名古屋戦で晴らさないでくださいね。リーグ戦の総得点で見れば鳥栖に方が上。ただし失点も多いので豊田のゴールは覚悟するとしてなんとか2点、3点取って勝ち点3を持って帰りたいところ。

闘莉王はまだ無理っぽくて前節ベンチに入れなかった牟田が今度はベンチには入れそうな雰囲気。増川、ダニエルはもうひと踏ん張り頼む。

ここで勝つと順位が一気にアップしてほくほくしながら中断を迎え、中断後の清水、東京、川崎といういやな対戦相手にむけて良い準備ができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/28

逆襲のケネディ

名古屋2-1大分

先制点取られた時はまたネタクラブへ逆戻りか?と思ったのですがケネディ連発で逆転勝利。完全復活ですな。得点王争いはちと厳しいが残り試合で10点取って20ゴール!という夢ぐらいは見てもいいよね?

さすがに連戦の疲れが出てますなあ。先発メンバーをちょいといじってもいいと思うけど勝ってるメンバーを代えるのもねえ。まあ1失点はデフォなんで(おい)先制されてもズルズルいかず逆転できる力がある事を素直に喜んでおこう。

ピクシー100勝おめ。ん?もしかして選手時代より勝ち点かせいでる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/27

大分戦前夜

連戦が続きますなあ。ホーム→ホームだからウチはまだましかぁ?

と言うワケで大分戦です。中断前は残留争いのお仲間でしたがこちらは中断後6勝2分1敗で残留争いからは抜け出しております。が、油断大敵。ここで勝たないと上位相手に1勝2分が無駄になってしまいます。大分相手には結構苦戦しているだけに闘莉王抜きの最終ラインにがんばってほしいところ。

疲労が溜まっているとは思いますがここが踏ん張りどころです。まずは賞金圏内目指してがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/26

闘莉王のいない8月

ニュースで闘莉王全治1……まで読んで「うわ~全治1ヶ月か~やべー」と思ったがよく見たら全治1週間だった。まずはほっと一息。8月は確実に闘莉王抜き。天皇杯も闘莉王抜きで、と思ったけどケガ明けの調整で逆に出場するかも。本命は清水戦、ここに合わせてくると見た。

2引分の後なのでここはできれば連勝したいところ。ファンジーCBコンビ、増川+ダニエルにがんばってもらうしかないなあ。牟田の出番はありやなしや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/24

キショー!ヤノキショー

名古屋1-1C大阪

敗色濃厚の名古屋の危機を救ったのは矢野の移籍後リーグ戦初ゴール!!まずは矢野さんオメ。

前半から名古屋ペースだった思うがゴールがなかなか遠い。でもまあこの流れなら先制点は取れるよなあ、と思っていたら闘莉王負傷退場。この試合でけでなく今後にも響きそう……。ここから流れが変わって双方攻撃的な選手交代もあり打ち合い上等の流れ。

広島戦とは別の形で0-0の緊迫した戦いの中、「この流れで0-0はダメだ。早く先制点を……おおっと玉田が抜け出して、おいおいそこでファールえええええええええなにそれまた柿谷かよ。あーあまたスポーツニュースで柿おおおおおお矢野!矢野!矢野!キターーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

玉田が倒され「あ、ファールや」と油断したところ柿谷に一発で決められ、あちゃーと思う間もなく矢野の執念のゴール。その後の「神様のくれた7分」で逆転できそうな流れではあったがあと一歩及ばず。永井の突破からケネディのシュートは決まったかと思ったんだが……。

1-1は妥当っちゃ妥当だが勝ちたかった試合ではあるなあ。まあ矢野もこのゴールでふっ切れそうだし、永井ももう少し調子が上がれば動きが良くなるだろうし、矢野と永井の後半投入はかなり相手の脅威になりそうだ。あとは闘莉王が軽傷である事を折る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/23

セレッソ戦前夜

アウェーでぼこられたチームに借りを返すシリーズ第3弾!

というワケで鹿島、浦和に続いてセレッソにも借りを返してやりましょう。直志とケネディが出場停止から復活。広島戦で二人抜けて引き分けたのは大きかった。セレッソ戦は再びベストメンバーやね。さらに久々に瑞穂に登場の永井も注目だ。

チケットが結構売れていてどうやらほぼ満員っぽい。満員のホーム瑞穂でセレッソ撃破だ。

え?満員なのは柿谷効果?何言ってるんですか。連勝効果に決まっているじゃないですか、わっはっは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/17

首位の壁は暑かった

広島1-1名古屋

後半開始後しばらくの間、DF間で延々と延々と延々とボールを回し続ける名古屋。DVDレコーダーが壊れたてリピートしまくってるかと思った。思わず「落日の死影かよ」って突っ込んじゃったよ。

まあ負けパターンの試合を闘莉王のゴールで引き分けに持ち込んでほっと一息といったところか。ケネディ、直志抜きで、アウェーで首位広島相手なら引き分けでよしと言っておこう。

天皇杯でアマチュアクラブとの対戦かよ、というくらい引いてきた広島だが闘莉王のアレ以外そこそこチャンスがあたけど結局ほとんど崩せんかったんだから広島の作戦勝ちなんだろうな。まあミキッチのアレ以外はほぼ広島のカウンターを封じたんだから名古屋も作戦勝ちなんだろうな。

うん両者作戦通りなんだろうけどなんか納得いかん。

クソ暑い中、上位相手の連戦、よくやってはいる。今日の借りは次のセレッソ戦で返すという事で。ホームだけにいい試合したいねえ。

※「落日の死影」:ゴルゴ13の割と初期のエピソード。ゴルゴ13に匹敵するプロで二人が殺しあう事になり海辺の洞窟で「先の動くと不利」なので1対1で半日程睨みあう、というシーンがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/16

広島戦前日

永井の登録が間に合ったようで明日はベンチスタートのようです。中断後6勝1敗同士、好調チーム同士の対決です。しかし名古屋はケネディ、直志、広島は森崎とともにキープレイヤーを欠く状態です。

ケネディ、直志が抜けたら中断前と同じ、では進歩がありません。ケネディ、直志がいる時と同じサッカーをやれとは言わないし、キープレイヤーがいなければいないなりの勝てるサッカーを見せてもらいたいところです。

……とかなんとか言いつつ後半40分あたりで途中出場永井のゴールで2-1で勝利!という妄想が止まりません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/14

FW補強

Photo

永井謙佑選手、期限付き移籍加入のお知らせ(公式)

永井合流 違和感なし「18」躍動(中スポ)

「補強は無い」といいつつ補強したのはFWの……永井

まあ1年も経たないうちに戻ってくるのもどうかと思うけど名古屋のために戦うというのであれば大歓迎。もっとも名古屋で試合に出場するのはケネディと玉田以上の結果を出さないとダメだけどね。超ガンバレ。

一番怖いのはせっかく結果が出ている4-4-2を永井を起用したいがために4-3-3にしちゃう事だけどさすがに勝ってる布陣を変えないよね?ね?

首位広島戦まであと3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/10

無失点で5連勝!!!!!

名古屋2-0浦和

猛暑の中、玉田の5試合連続ゴールで5連勝!日本の夏、名古屋の夏!

いやっほう!最高だぜぇ!

危ないシーンもいくつかあったがギリギリのところでしのいでついに夢にまで見た無失点。ゴールは絶好調の攻撃4人組、ケネディ、玉田、小川、藤本が生みだした流れるようなゴールはもはや芸術レベルだぁーーーーーーっ(いや褒めすぎ褒めすぎw)。

連勝の要因としてはベストメンバーでの4-4-2、シンプルな攻撃と中盤での直志の献身的な動きが効いていているというところでしょうか。4-3-3の時より縦にコンパクトになってケネディを中心として距離感が良くなっているような気がするんですがどうでしょうか。

メンバー固定の功罪はあるかもしれないけど今はこのまま勝ち続けて欲しいですねえ。

……と思ったら次節首位広島との対決はケネディ、直志抜きとは。今の広島相手にこの二人抜きはちと厳しい。ケネディの代わりは矢野か輝希か永井か。

……

…………

永井!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/09

浦和戦前夜

第2回、前半戦でボコボコにされたチームへのお返し大会~!パフパフ

というワケで豊スタの大観衆(筆者予想)の前で鹿島に続いて前半戦の借りを熨斗つけて返す試合です。

アウェーの試合は2試合目で0-1という結果にも関わらず降格を覚悟するというとんでもない試合でありました。さすがにあれからはバージョンアップしていると信じております。

4連勝と好調ではありますが浦和、広島と言う上位との対決で本当の力が見えてくるでしょう。幸い出場停止選手もなく(次の広島戦が怖いけどまずは目の前の浦和戦)ベストメンバーで戦えそうです。勝てば残り試合の観客動員アップ→少しでも赤字減らしにつながります。

「私、この試合絶対勝ちたいです!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/08

遠征のおともに

連載開始からおよそ15年。7~8巻あたりはストーリーほとんど動かず6巻の次のこの9巻を読んでも問題ないレベル。キャラクターを丁寧に描きすぎて話が全然すすまないんだよなあ。しかも丁寧に描いても共感を得られない描き方になってるし。とあるテコ入れキャラが一気にストーリーを動かしそうだけどどうなることやら。逆にどういう落とし所にするか最終回がいまから楽しみっちゃ楽しみであるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/07

浦和戦3日前

アカイ大作戦

4連勝で迎える浦和戦。チーム好調だけに3万人は越えてほしいなあ。

アウェーのような惨敗はしないだろうからみんな豊スタ行きましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/03

試合後の「さわやか」のハンバーグがうますぎるぜ

磐田2-3名古屋

藤田俊哉ら磐田レジェンドが見守るニューヤマハスタジアムの「KOKERA OTOSHI」試合でしたが相手に花を持たすことなく勝利。すみませんねえ磐田さん(棒読み)

アウェーに近い側とは言え一応ホームフリーゾンでの観戦だったのでグッズは身につけずこそこそ見てようと思ったのですが小川の先制点で「うぉっしゃーっっっっ!」と立ちあがって叫んでしまった。あれは小川がうまい事斜めに走り込んでいました。最近の小川、動きがいいですねえ。気がつけば7点目ですよ。

1-1で迎えた後半、ほぼ目の前でケネディを押し倒す磐田DF。いやその位置でそんなファールしなくてもいいやん、と大笑い(周辺の磐田サポさんは呆然)。PKが決まって「ひゃっほーーーい!」。好調ケネディ7点目ですよ。その後相手CK連発で苦しい時間をしのいでケネディの完璧なパスに反応した玉田のゴールで三度目の「いやっほーーーーーっ!」。一応ホーム側と言うのは忘れてしまってすんませんねえ。玉田4戦連発7点目ですよ。

まあ3-1になって「これでイエロー3枚たまってる選手とか休ま何やっとんじゃあっ!!」と喜ぶ間もなく3-2て。鹿島戦の失点といいこの失点も余分ですねえ。

前半20分ぐらいまでは完璧な内容だったけどそこから少々ペースダウン。後半も結構厳しかったけど逃げ切れて良かった。ケネディ、玉田の守備がかなり効いていたけどそれでも2失点は残念なところ。1点目は相手を褒めるしかないとはいえ1対1での競り負けが多いような気はする。

これで4連勝。中断後5勝1敗と一気に勝ち点を稼いで順位も……まだ11位かよ。はやいこと一桁順位にはしたいぜよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最弱(さいきょう)のザル守備

DSC_0179.JPG
玉田、ケネディ、小川のトリプルゴール!!!
ケネディ復活と4―4―2で点が取れるようになりましたねえ。
ザル守備は相変わらずザル守備でしたが気にしない☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合開始一時間前

磐田のレジェンドの方々
DSC_0177.JPG
藤田俊哉には名古屋側からも大きな拍手が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ到着

ゴール裏がめっちゃ豪華になっとる。
DSC_0173.JPG
アウェイ側ゴールはこんな感じ。しっかり椅子があります。結構広くなってるかな?
DSC_0174_1.JPG

ではバックスタンドの端っこでこそこそ座ってこそこそ応援するこそこそ作戦を開始します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/02

磐田戦前夜

磐田戦いくぜオラァといいつつアウェーフリーゾーンのチケットが取れなかった筆者を笑えば笑え。ホームフリーゾーンの端っこでこそこそ作戦します。

ヤマハスタジアムが新装開店ということで名古屋戦がこけら落とし。やさしい名古屋はこういう相手側のイベントに花を添えるの忘れません。自分たちのイベントではボロ負(ry。まあ毎回毎回花を添えるのもアレなんで明日ぐらいは憎まれ役になりましょう。

とはいえ鹿島戦では良い内容だったものの中2日で疲れが残っている可能性もあります。相性の悪い関塚監督の下、代表選手が何人もいる強豪クラブです。厳しい戦いになりそうですが勝って上位との対戦につなげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »