« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014/12/31

ゆく年くる年

さようなら2014年。

西野監督1年目は13勝9分12敗、勝ち点48。微妙な成績で評価が難しいところですが、最悪の事態を回避し後半立て直す事ができたのは評価すべき点でしょうか。

中村の引退、玉田、ケネディの移籍は一つの時代の終わりであるとを同時に、若手の成長による新時代の幕開けでもあります。

両論の新ステージ制ですが、批判はひとまず置いといて新制度を楽しむのもアリですね。さてどうなる事やら。

では皆様良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/06

勝利!!!

浦和1-2名古屋

最終戦勝利!開始早々失点した時は「浦和9ゴールで逆転優勝」の悪夢の始まりか、と思ったが後は互角の試合展開。えーっと浦和さん、もっと攻めなくていいの?

前半0-1だったけどそこまでやられた印象は無い。後半に期待、と思ったら闘莉王負傷退場。うーーん。ガンバは0-0のままで「このままいくと」では浦和が首位。まあガンバがこのまま0-0で終わるワケないだろ、思っていたら牟田の初ゴールキターーーーー。矢野のヘディングも完璧だったが牟田も良く押し込んだ。

これで浦和がさらに前掛かりになったがそうなると永井、川又コンビが活きてくる。83分には川又のゴール(記録上はノーゴール)で2-1(記録上は1-1)。さらに終了間際相手のパスミスをかっさらって永井のゴールで3-1(記録上は2-1)で浦和完全に沈黙。最終戦、そして中村直志ラストゲームを勝利で飾る。さすがアウェー王者。

ガンバは0-0、鹿島は0-1だったので浦和は勝ちさえすれば優勝だったのに。すまんねえ浦和さん。シーンと静まり返る埼玉スタジアムに響くのは直志チャントのみ。うーんシュールだw。

それにしてもこの試合

・超絶アウェー、相手は優勝がかかっている浦和

・後半7分で闘莉王負傷で交代

とう状況で牟田、本多、矢田、松田、田鍋、田口といった田の字、じゃなくて20代前半の若手が大半を占めるメンバーで浦和に逆転勝ちできたのだからこの1年でチームとしては相当成長できたのではないだろうか。いやホントにナイスゲームだった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/05

浦和戦前夜

最終節、アウェー埼玉で浦和戦。浦和の優勝がとっくに決まっていると思っていたのだが。

ガンバのゴール+8点取らないと優勝できないんだって?しかもガンバの相手は徳島?ガンバが最低でも3-0で勝つと仮定すると浦和は名古屋相手に11点差以上が必要なのか。ハハハ。得失点差の差が1~2点あたりならすんげえ盛り上がったろうに。

しかし日程君も最後の最後で微妙にズレたなあ。例えばこれが逆で浦和vs徳島、名古屋vsガンバとか。それかガンバの相手が柏とか鳥栖あたりならもっと面白かったんですがねえ。

まあ名古屋としてはほぼベストメンバーですしリーグ戦とナビスコ杯の借りをまとめて返していただきたく。ついでにちょっぴり嫌がらせも兼ねて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば吉田

田眞紀人選手、水戸ホーリーホックへ完全移籍のお知らせ(公式)

うーーん。1年目からリーグ戦やACLに出場して期待していたんだがなあ。松本では全く出場機会なく水戸でもどうか、と思ったら11ゴールの活躍。名古屋としても既に次世代の若手FWを獲得しており吉田の移籍もやむなしか。

これで玉田、吉田がいなくなって田中輝希も微妙。名古屋が誇る「田の字軍団」が減ってしままうなあ。例えば「田」の字がついてSBができる選手とかいないかなあ

田中裕介「呼んだ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »