2018/07/18

風間監督は名監督だ。ただし石器時代のな

浦和-1名古屋

戦術3失点は中断後も健在。

中断中に練習試合ではアマチュアに負け続けたにもかかわらずまともに守備練習をやっていないと風の噂で聞いて、プロのクラブがそんなワケないだろうと思っていたが、やはり何もしていなかったらしい。

ごくわずかな残留のチャンスを自らすてるようでは筆者としても語る舌を持ちませぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/24

ブラジル3連星

G大阪2-3名古屋

20180224joe

「ジョー!シャビエル!ホーシャ!ジェットストリームアタックをかけるぞ!」

誰やお前!

というわけでブラジル3連星のゴールで開幕ガンバ戦勝利。今年も「失点したら本気出す」という風間サッカーは健在です。

むしろ去年と同じサッカーが当たり前のようにできるでいるのに驚いた。最終ラインは緊急補強のホーシャと高校生菅原君。風間パスサッカーで重要な中盤は新加入長谷川。実績十分のジョーも名古屋のサッカーに合うかどうか、という心配もあったが……いきなり合っとるやん。ポストプレイできとるやん。ジョーとシャビエル任せではなくて青木や和泉がちゃんと絡んでるのもいいですな。

2失点したけど菅原君の育成費用と思えば痛くもないし。どうせ誰が出ても失点するし。今シーズン色々楽しみですな。

ブラジルMVPと高校生DFが公式戦で同じピッチに立ってるなんて名古屋すげぇ。風間監督すげぇ

とりあえず何年ぶりかの暫定首位なので記念に貼って置く↓

2018top

……それにしても楢崎が怪我以外でベンチに入れない日が来るとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

名岐ダービー引き分け

名古屋1-1岐阜

リーグ戦では初対決となる岐阜。とりあえず引き分けで木曽川死守(違)。試合前から「名岐ダービー」と称して盛り上げ観客も2万超。まずは盛り上がってよかった。

試合は岐阜の強力なプレスで前半は何もできず。後半は持ち直したものの先制を許し苦しい展開。終了間際にCKから内田のゴールでかろうじて引き分け。

岐阜は山口戦では圧倒的なポゼッションを見せながら2失点していたということで攻め入る隙があるかと思いましたが、前半は全く何もできず。早々に小林→ワシントンの交代を強いられる。後半はなんとか五分に持ち込めたがシュートまで持っていけず。まあ悪いながら追いついて1-1に持ち込んだのは評価できるとは思いますが。現時点では岐阜の方が完成度は高かったようです。

シモビッチ投入はもっと早くてもよかったのでは?岡山も岐阜もシモビッチが入ると明らかにシモビッチを過剰に警戒するため他の選手がフリーになりやすくなるですけどねえ。

謎のブラジル選手のうち2人がデビューしましたがワシントンは劣化版ダニルソン。ガルシアは……よーわからんが一人で点が取れるタイプではなさそうだが……?

まあ負けなくてよかったです。まだまだ発展途上、次節はよくなると信じましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

まず1勝

名古屋2-0岡山

記念すべき?J2初戦は永井の2ゴールで岡山に勝利。昨年のプレイオフ進出チームに勝ってほっと一息というところでしょうか

先発メンバーですが昨年の主力と言えるのは楢崎のみ。完全に別のチームに生まれ変わりました。しかも注目のブラジル人選手はベンチスタート。練習試合はほとんど非公開だったためいろいろ謎なままでどーなるんだこれ、という状況でキックオフ。

3-4-2-1らしいんだが本職のCBは櫛引だけらしい。宮原と内田はSBかよ、というくらい上がる上がる。1点目はCB櫛引が右サイドをオーバーラップしてのクロスから永井のゴール。ポジションにこだわらないコンパクトで攻守の切り替えの早いサッカーを目指しているのが分かる。

まあそのため誰がどこにいるのかよー分からん状態。特に左サイドは背番号28、29、38、39が動き回っているためパスを出したのが誰で受けたのは誰だという状態。すまん、がんばって覚える。

試合は新加入の(いやほとんどの選手が新加入だが)永井の2ゴールで勝利。2ゴールともスーパーなゴールでした。昨年2桁ゴールは伊達ではないということでしょうか。注目の寿人はさすがという感じの存在感。シュートは寿人らしいシュートではありました。次節は決めてくれるでしょう。

和泉、杉森にも期待です。和泉、こんなにうまかったんかという活躍ぶり。攻撃だけでなく守備でも効いていました。杉森は守備に不安ありですが思ったよりはよかったです。このポジションは青木、押谷、古林あたりが争っている感じですのでがんばってほしいところです。

幸先よくホーム開幕戦で勝利できましたがまだ42分の1、次節もホームでしっかり勝ちたいところ。

それんしいても中断なしで毎週1回、あと41回もこんな一喜一憂が続くかと思うと……J2怖えぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/29

(J1で)戦いたければ、強くなれ

神戸3-0名古屋

サッカーの質というか、チームの格というか、上位クラブとの違いを見せつけられ何もできずに完敗。なんとか戦えていたのは前半失点するまで。後はなすすべもなく3失点。福岡戦でかせいだ得失点差がパー。サポーターの魂は吹田へ移っていったのであった。

うん、人生で今日ほどガンバの勝利を願ったことはない。

で、本来ならとっくに降格が決まっている勝ち点だが新潟、甲府、磐田もすべて負けたため差は変わらず最終節へ。サッカーの神様何しとんねん。

もうあれこれいってもどうしようもない。最終節は勝利あるのみ。ゴール裏で力尽きるまで声を出そう!

サーンフレッチェ!!ドンドンドドドン

サーンフレッチェ!!ドンドンドドドン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/01

15位

名古屋5-0福岡

ひとつ分かったことがある。

15位と16位では胃の痛さが全然違う。

ついに甲府を抜いて15位浮上。確か勝ち点差7あったよな?まさか5試合で追い抜けるとは。「勝ち点10を持っている男」の異名は伊達ではないな、闘莉王。いやあ、中断期間前に15位に上がれるとは思わなんだ。むしろ中断前に降k(ry

福岡がノープレッシャーだったこともあるけど、選手がのびのびとプレイできていたな。まさに5人目までが連動するサッカー(え?)。まあ、やばいシーンもあったけどそこは楢崎にお任せで。

永井初ハットトリックか。今のポジションあってる感じだし残り試合でもゴール量産してほしいのう。他の選手も4-3-3にうまいことはまっているようだしようやくベストメンバーか?

まあ、浮かれるのはいいけど16位との勝ち点差は1。残り3試合のうちホームは必勝、神戸戦をなんとか引き分けに持ち込めればなんとか残留できるかっちゅうところ。中断期間中に清水でキャンプやるらしいのでしっかり調整して磐田戦に臨みたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/10

勝利

新潟0-1名古屋

とにもかくにも直接対決に勝って新潟、甲府との勝ち点差は4。残留の確率も1%から10%くらいに引き上げることができました。

とりあえずヒャッホーーーーッ

まあ残り6試合で4勝はしないといけないのでまだまだ厳しいのは変わりないが、選手の負のプレッシャーがこれで少しでも軽くなればよいのですが。

それにしても闘莉王紹介の時の「前所属:名古屋グランパス」に笑えるやら泣けるやら。これで闘莉王は名古屋在籍が6年と1試合となって浦和在籍6年を上回ったことになりますね。9ヶ月振り?の実戦にもかかわらず足を攣ることもなく90分フル出場するとは。牧場でどんなトレーニングをつんでいたのやら。闘莉王一人のおかげで勝ったとは言いませんが精神的支柱がいると違ってくるものですね。

最後にもう1度

ヒャッホーーーーッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/03

天皇杯

名古屋0-1長野

J3長野以下の試合内容でJ1残留なんて口にするのも恥ずかしすぎる。

選手のみなさん、もうやる気がないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/27

引き分け

名古屋1-1東京

監督が変わったなーっていうのは分かったし内容も少しだけ良くなったなーっていうのは分かったけど最後の失点で台無し。降格するクラブの定型的な負け方。

残り8試合で5勝1分と書いたけどここで1分を使ったので残り7試合で5勝。優勝クラブに匹敵する勝ち方をしないとだめ。奇跡以上の何かが起きればいいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

絶望的というか絶望

柏3-1名古屋

小倉監督「私は勝ち点など惜しまぬ。この上は、それなりに名のある相手と戦って、華々しく散り、栄光ある「5人目まで連動するサッカー」の美学を完成させるのだ。」

選手一同 「5人目まで連動するサッカーですと?そういう寝言を言っているようだから、試合に負けるのです。もうたくさんです。一人で勝手におやりなさい。我々があなたの自己陶酔に付き合ってJ2降格せねばならぬ理由はありません。」

まともな戦術がない上、絶望的な個の力の無さ。当然のように競り負けるCB、カウンターのチャンスに当然のようにバックパスする小川。これで勝てるほうがおかしい。わずかな収穫は川又のゴールだけ。

15位甲府との差は勝ち点7、残り試合は8。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧